欧州表現の自由

オランダの極右議員、英国への入国を拒否される

 オランダの反イスラム国会議員、ヘルムート・ウイルダース氏が英国への入国を阻止されたことが、11日、分かった。本人が英国内務省からの手紙を報道陣の前で読み上げた。本人は12日、「それでも英国まで行く」と言っているようだ。

 英国独立党(UKIP)のピアソン上院議員の発案で、ウイルダース議員の反イスラム短編映画「フィトナ」が、12日、英上院議員向けに上映される予定となっていた。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/7882953.stm

http://www.radionetherlands.nl/currentaffairs/region/netherlands/090211-Wilders-UK-ban

 自分自身がムスリムのアーマド上院議員は、ウイルダース議員が英国に来れば「憎悪を引き起こしただろう」として、入国拒否を歓迎した。

 フィトナが公開されたとき、オランダ首相は「何の目的も果たさない。侮辱するだけだ」と述べていた。「公開」といっても、ネット上での公開だ。

 BBCのアドレスからリンクをたどると、この動きに賛成派と反対派の意見が読める。下のリンクに寄れば、同じEU諸国の国会議員の入国を拒否するとはいかがなものか、という意見がオランダ議員の中で出ていることが分かる。

 サルマン・ラシュディーの「悪魔の詩」を巡る騒動で、英国内で焚書騒ぎが起きたのは丁度20年前になる。在英のムスリムたちの中には、「反対運動を起こしてよかった」という人もいれば、「やり方がまずかった」と考える人もいるとBBCの番組が先日紹介していた。

 映画フィトナやウイルダース氏のインタビュービデオはユーチューブでも結構見つかりやすい。特にフォックステレビでの氏のインタビューを見ると、また氏の違う側面が見える。

 今朝のBBCラジオ「TODAY」を聞いていたら、英国知識人はイスラム批判には及び腰ではないか、という聞き方を、司会者が自民党議員にしていた。

 ウイルダース議員が英国に来て、さまざまなメディアのインタビューに応じ、いかに論理が破綻しているか(もし論理が破綻しているなら)、いかに映画が偏っているか・偏っていないかをオープンに議論できる場があれば最もよかったと思う。

 2005年以降、オランダに出かけて、対ムスリム関係の話をいろいろな人から聞いてきたことを振り返ると、何故ウイルダース議員が反イスラムを言うのか(ある意味では反移民でもある)、何故そのようなことを言い出すことになったのか、何故一部のオランダ国民の支持を受けているのか(圧倒的多数は反対、政府もお手上げ状態)の背景が想像できるような気がする。

 増えるムスリム市民に対する漠とした恐れは欧州の一部の国民の中にある。知らないものに対する恐れかもしれないし、ベールで顔をおおうなど自分たちとは違う風習を持つものに対する反発かもしれない。ムスリムのアーマド議員がウイルダース氏への入国不許可を歓迎しているところが、どうも気になる。英国のムスリムはデンマークのムスリムたちと比べて人数が多く、政治的な発言力もあるはずで、よい議論の機会になりえたように思ったのだが。
トラックバックURL : http://ukmedia.exblog.jp/tb/10864188
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by elmoiy at 2009-02-16 10:21 x
>いかに論理が破綻しているか(もし論理が破綻しているなら)、いかに映画が偏っているか・偏っていないかをオープンに議論できる場があれば最もよかったと思う。

ウィルダース議員の入国を禁止するよりも、彼の矛盾点や事実関係の間違いを公の場で真正面から論破したほうが良かったと思いますね。
今回のようなやり方だと、「ウィルダース議員の言っていることには正しい面もあるのだが、政治的配慮から発言させないようにした」と受け止める人
も出てくるでしょうから。

ttp://www.shinchosha.co.jp/topics/shiono/nami.html
こちらは、中東・イスラーム研究者の池内恵氏と、作家の塩野七生氏の対談ですが、ヨーロッパ人の建前と本音の乖離について語られています。
Commented by polimediauk at 2009-02-16 22:19
elmoiy さま

ありがとうございました。

池内さんの

ーーーEUの政治家や官僚が表向きに話すことはきれいごとが多いですよね。でも正式なインタビューが終わると、露骨に嫌悪感や敵意をむき出しにする。本音と建前の使い分けは日本にしかないなどという人がいますが、そんなことは全然ないわけです。ーーー

という部分や、

ーーヨーロッパの人々が、イスラム教徒を好きか嫌いかは別にして、ある種の根本的な倫理を共有してない、と受け止めていることをよく感じます。人間主義が定着した世界においては、ある絶対的な規範が神によって人間の外部から与えられている、と信じてそこからすべての論理と倫理を組み立てる人とは、一人の人間として同じ平面でお互いに語り合うことができない、というところに行き着いてしまう。ーーー

は、自分でも同感、あるいは大変参考になりました。

 「イスラム教・イスラム教徒」というと、思考が停止してしまう西欧人が結構沢山います。学者や政治家も、他のことであれば理路整然と考えられるのに・・・。

 といって、私が十分に分かっていると言うわけではないのですが。

by polimediauk | 2009-02-12 20:20 | 欧州表現の自由 | Trackback | Comments(2)

ジャーナリズムの話いろいろ+欧州事情も


by polimediauk