英国事情

足利事件とDNA鑑定―英国関連

 「足利事件」(1990年の女児殺害事件)で無期懲役が確定して服役していた菅家利和さんが、17年半ぶりに釈放された。もともと、有罪の決め手となっていたのがDNA鑑定だった。DNA鑑定の精度が飛躍的に向上したことが今回の釈放につながったが、英国DNA鑑定の生みの親は、鑑定を「過信するな」と言い続けている。

 2004年、在英報道陣がDNA鑑定の生みの親の教授と会見する機会があり、これをベリタなどに書いている。ご関心のある方はご覧になっていただきたい。

http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200409101413335

http://www.newsmag-jp.com/archives/1328

他参考

http://en.wikipedia.org/wiki/United_Kingdom_National_DNA_Database

 日本の警察は英国のDNA鑑定(捜査に使う)をモデルにしている、と聞いたことがある。確かに、英国ではDNA鑑定が初期捜査の重要な部分を占めているようだ。現在、少なくとも400万人分のDNA情報を持っている。

 英国(ここではイングランド・ウェールズ地方)で問題なのは、警察で取り調べを受けた人はほぼ全員がDNAのサンプルを取られてしまうことだ。例えば飲酒運転、あるいは町で10代の少年少女が喧嘩をしていて、これをつかまえた場合もサンプルを取る。ただ単に、喧嘩に巻き込まれた人、その場にいた人もとられる場合がある。つまりは、無実の人のサンプルも、「いつか悪いことを起こす人」のサンプルとして取得されてしまう。また、いったん取られたら、警察は基本的にはその人が無罪であると後でわかったとしても、DNA情報を削除したりはしないのだ。

 これを機会に、日本でもDNA鑑定の是非やDNA情報の保管の在り方に関する議論が改めて起きることを願っている。

 また、「裁判・取り調べの可視化」という意味で、つまりは足利事件では自供も最初は大きな決め手になったと聞くけれど、これも問題かもしれない。

 英国で刑事ドラマを見ていると、取り調べの様子が出てくるが、その時、まず容疑者は隣に弁護士が必ず付き、また、取り調べ内容は録音されている。録音なんかしたら捜査がやりにくい、という見方もあるかもしれないが、もし推定無罪と言うか、容疑者=犯人とは決まっていない、という部分を大事にするなら、こういうことも最低限やってほしい。出ないと、もう「捕まったら最後・・・」となってしまいがちだろう。

 今回の足利事件報道で、警察側、検察側のコメントが知りたいところだが、報道したところはあるのだろうか?きっと、言いたいことがたくさんあるに違いないーー菅家さん中心の報道の裏で。
トラックバックURL : http://ukmedia.exblog.jp/tb/11686463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by polimediauk | 2009-06-05 10:11 | 英国事情 | Trackback | Comments(0)

ジャーナリズムの話いろいろ+欧州事情も


by polimediauk