政治とメディア

英総選挙 ブラウン首相、「偏屈な女」と言っただけだったら問題にならない

 英国の3党首によるテレビ討論の最後が、今晩行われる。どんな結果になるのか、楽しみに待っているところだが、グーグルニュース日本語を見ていたら、昨日のブラウン首相の「失言」についての記事がいろいろ出ていた。

 日経のサイトでビデオ(テレビ東京のニュース)を見ていたら、あれ?と思った点があったので、テレビ討論が始まる前にとりあえずここに記しておきたい。

http://www.nikkei.com/video/?bclid=72823327001&bctid=81902540001

 これを見ると、ブラウン首相が初老の女性に会った後、車に乗りこみ、まだマイクがスーツについていたのを忘れて、思わず本音をもらしてしまったと。その女性を「偏屈な女」と呼んでしまった、という・・・。

 この動画だけを見ると、何故これが「大失態」になるのか、日本でテレビを見てて分かった人はいるのだろうかー?(にこやかに話した後、「偏屈な女」とか言ったから、マズイ???でも大失態とは言えないだろう。)
 
 おかしいなあと思い、他のニュースも見ると、いくつかが大失態となったのは「偏屈な女」と言ったから・・・という展開になっている。

 しかし、ポイントは移民問題に絡んだからだ。その点をはっきりと書いていた読売記事を読んですっきりした。

英首相が市民を「頑迷な女め」…録音される
 【ロンドン=大内佐紀】英総選挙のため中部マンチェスター近郊を遊説中のゴードン・ブラウン首相が28日、与党の移民政策を問いつめた女性(65)について「頑迷な女め」とコメントした上、「なんでこんなバカな会合を設定したんだ」などと側近を叱責しているのが録音され、BBC放送などが繰り返し放映している。


 昨日から今日にかけてBBCや他のメディアが大騒ぎをしたのは、「首相には裏の顔があるという噂がまるで本当のように思えたこと」、という面もあるが、まず第一に、これが移民問題に関連していたから。「頑固な」「偏屈な女」と言ったことで、この女性が移民に対する否定的な感情を持つ人=人種差別主義者(レーシスト)」というニュアンスが出た。つまり、首相はこの女性を反移民の頭の固い人物で、レーシスト呼ばわりに近いことを言ってしまったのである。これは相当な大失態である。

 英国では人種差別は法律で禁止されているが、これが本当に厳しい。相手を人種差別主義者ではないかと示唆しただけで、あなたも人種差別主義者だと言われてしまう可能性がある位。政治家も著名人も、人種差別主義者、または反移民であると人から言われないように非常に気を使っている。(また、反同性愛主義者であってもいけないーこれもタブー。)

 英国は2004年、東欧諸国がEUに加盟した時、他の欧州の多くの国のように「モラトリアム期間」や条件をつけず、移民の流入を認めた。結果的に、予想よりもかなり多くの移民がポーランド、リトアニアなどからやってきた。そして、有能なポーランド人達は着々と仕事を見つけ、税金を払い、子供を育てているわけだが、例えば一部の地域では学校に急に生徒が増えたとか、自治体で人口が急に増えたとか、対応にあわてている現状がある。「来るな」とは言えないのである、EUの仲間だから。

 移民問題は本当にセンシティブな問題で、反感を持っている人もたくさんいるのだが、これを口に出すと「差別主義者」と言われてしまう。本音が言いにくい雰囲気があるし、政治家もできればあまり議論をしたがらない。「もう移民はいやだ。元々の英国民のために政府はもっと何かをしてほしい」という、無視できない数の国民の本音を救い上げる主要な政党はないようなのだ。だから極右政党BNPが一部地域では人気がある。

 そんなこんなで、タブーの移民問題。これをこの女性が指摘したものだから(「東欧からたくさん人が来てる、一体どうするの?」的な発言で)、「頭の固い女だな」とブラウン首相が思わずため息・本音をもらすのも無理はない。「頭が固い」のは移民に関して、この女性の心が狭い・頑迷だという印象をブラウン氏は持ったわけで、それを思わず口にした。それを察知した英メディアはこの話題にことさら飛びついたのであるーもちろん、選挙やテレビ討論への影響ということで問題視されたわけだが、核にあるのは移民問題だった。

BBC関連記事
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/election_2010/8650546.stm
トラックバックURL : http://ukmedia.exblog.jp/tb/14277366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 傍観者 at 2010-05-01 07:31 x
これは素晴らしい記事で、邦語のマスメディアではみたことがない事件の本質を伝えてくれている。
こちらの主要メディアでは「失言した」ことをからかう、というきわめて低レベルな議論に終始していました。それも人間的ですよね、等とキャスターが言って円く治める、といった。
 個人記者のブログメディアがまことに有用だという証拠といえます。
Commented by polimediauk at 2010-05-01 20:30
ありがとうございます!

外国の報道はある程度簡略にまとめてしまうことが、どのメディアでも求められている状況があるのかなと思います。
Commented by 出羽守 at 2010-05-02 11:01 x
はじめまして最近気になっていたことと関係があるのでコメントさせていただきます。

>相手を人種差別主義者ではないかと示唆しただけで、あなたも人種差別主義者だと言われてしまう可能性がある位。

この下りについて、実は似た経験を最近しました。英語圏のWeb上で、日本に対して激烈な批判をしている人たちがいたのですが、それが私には余りにも偏見と侮蔑に満ちたものに思えました。そこで、「もし日本人の私が他の国の人に同じようなことをすれば、間違いなく英語圏のメディアは私を人種差別者として指弾するはずだ」と苦言を呈したら「お前は信じがたいほどの人種差別者だ」などと罵倒されてしまったのです。こういったことが何度かありました。

私の態度が適切だったかはさておき、なぜ相手方が私を「人種差別」的である考えるのか自体がまったく理解できなかったのですが、ことによるとこうした反応は、英国などではごく当たり前なのでしょうか。また、そうだとすると、どういった発想でそのような結論に行きつくのでしょうか?

長くなりましたが、お時間があればご意見いただければ幸いです。
Commented by みどり at 2010-05-03 10:57 x
ぎんこさん、お久しぶりです。このニュース、見ていた中学生の息子は、だってこの人(ブラウンじゃなくて女性のほう)そうとうルードじゃんと憤慨しておりましたが、わたしも同感。土曜日まで勤勉に働いて税金を払い、この国に雇用を創出するなどして貢献している東欧移民の友人たちのことなど思うと、ブラウンじゃなくてこの女性に謝罪してもらいたいぐらいです。ほんと。こういう気持ちのイギリス人だって少なくないと思います。
Commented by yasuomi at 2010-05-04 11:24 x
ごぶさたです!
確かに読売の書き方はわかりやすいですね。
移民問題、あるいは「移民問題問題」が前提にあるということが、大内記者の記事である程度わかります。行数に限りがある中、この語を入れるだけで焦点がしっかりしてくるという例だと思い、私も参考にしなければと思いました。
そして、もちろん小林さんのフォローアップはいつものことだけれど分かりやすいしおもしろい!いつも読んでいます。
それにしても、イギリスの総選挙はどうして木曜なんでしょうねえ…。
Commented by polimediauk at 2010-05-07 21:36
yasuomi さん、お久しぶりです。ツイッター、フォローさせていただいています。この記事、移民問題を入れなかった日本のメディアは間違っていたというよりも、入れにくかったんだと思うんですね。私だったら短いスペースで入れることができたかなーと後で考えると、難しかったかもな、というのが本音です。木曜日は慣習らしいですが、それ以上は・・・・・????
Commented by polimediauk at 2010-05-07 21:38
みどりさん、私自身はこの女性、頭の固い・偏見がある(というか、外国人嫌い)の人だなあと思ってみておりました。でも、周囲の誰に聞いても同調してくれる人はいなかったです、何故か・・・。
Commented by polimediauk at 2010-05-07 21:43
出羽守さま

人種差別の件、私も実は何度か経験があります。具体的に恥ずかしい話をしますと、ある大手メディアのネット部門に取材を申し込んだとき、断られたんですが、その理由が「一切他のメディアの取材は受けていないので」でした。ところがですね、ガーディアンにその部門の担当者がインタビューされていたのを私は知っていたんです。そこで私が(よせばいいのに)、つい、「私が外国のメディアだから取材が不可なのでしょうか」とメールに書いたのです。その書き方がまずかったのでしょうね、相手が上司にこのメールを見せて、上司からこちらにメール。「あなたは私の部下を人種差別主義者扱いした」と言われました。なので、「あなたこそが人種差別主義者だ」と。痛い経験でした。気軽に言ってはいけないなと。大きな失敗談。平謝りです。その後、そのメディアのメールリストに入れてもらい、今は全く問題なしです。人種差別は違法ですので、非常に敏感・厳しいです。
Commented by sasha at 2010-05-08 23:39 x
問題の女性は、「東欧からの移民がflockしている」とか言っていたような・・・ブラウンが叩かれたのは、部下のbullyingや戦死者遺族への手紙でのミスが複線となり、ブラウンの人間性への疑問がこの失言で決定的になったからではと思います。
Commented by polimediauk at 2010-05-09 19:25
sasha さん、いじめ、遺族の手紙へのミス=人間性への疑問、おっしゃる通りです。テレビでインタビューされている人で、そういっている人がたくさんいました。メディアで非常に大きくなった理由の1つが東欧からの移民の話でしたね。
by polimediauk | 2010-04-30 01:43 | 政治とメディア | Trackback | Comments(10)

ジャーナリズムの話いろいろ+欧州事情も


by polimediauk