ネット業界

英国で、電子書籍の印税を巡る戦い

 日本の書籍の印税は10%・・ということを、佐々木俊尚さんのツイッターか「電子書籍の衝撃」のどちらかで目にした。

 英国(米国も?)は著者取り分が50%だそうである。これを聞いて、私は非常に驚いた。例えば日本語と英語で本を書いた場合、日本語では本当にせっせと大量に売らないと、なかなかまとまった収入は期待できない。英語だと半分なのだから、非常に効率が良い稼ぎ方になるだろうーあくまでも仮定の話だが。(追記:8月7日:著者取り分や印税の話は、ここで言うほど単純比較できるものではないことが、コメントを残してくださった方のご指摘で分かってきました。まず①日本と海外では印税計算に掛かる母数が違う。日本の場合「印刷」部数×定価×著者印税率だが、海外の場合「実売」部数×定価×著者印税率、となるのが主流②比較の対象が違うのではないか③例えば卸値をベースにして計算すると、日本とほぼ同じとなる可能性がある、④個々の契約や販売体制が違うので、%の違いにのみ注目しても、あまり意味がないーなどが指摘されたことです。単純比較はできないと思いつつも、数字をやはり知りたいようにも思います。紙と電子本の価格体制、ロイヤリティー体制に関して、情報を整理して、近く改めて書きたいと思います。

 ところが、電子書籍の場合、これが25%に下がるのがザラなようだ。そこで、著者(そして作家のエージェントたち)が、これを何とか50%にあげようと、戦いが起きている。

 エコノミスト The Day of the Jackal
http://www.economist.com/blogs/prospero/2010/07/andrew_wylies_publishing_deal_amazon

 何でも、出版エージェントのアンドリュー・ワイリーという人が、アマゾンを通して、直接電子書籍を売ることにしたらしい。同氏が手がけた作家はフィリップ・ロス、サルマン・ラシュディー、ジョン・アップダイクなど著名な人がたくさんいる。ワイリー氏は、通常の出版社を通して売ると、電子書籍での著者の取り分が少なくなるので、電子出版専門の出版社を自分で立ち上げ、アマゾンと2年間の契約をした。これに対し、大手出版社ランダムハウスは、もうワイリー氏とは仕事をしない(問題が片付くまで)と言っている。

関連記事
http://www.thebookseller.co.uk/news/124047-agent-andrew-wylie-launches-e-book-list-on-kindle.html
http://www.thebookseller.co.uk/news/124089-page.html

 英国の「作家協会」のトム・ホランド氏は、英国の書籍市場で電子書籍は「まだ1%ぐらい」だが、今後どんどん伸びると見ており、「25%」という数字は低すぎるという。(メディアガーディアン報道、12日付)

 教育分野の出版社ピアソン(でもエコノミストやFTが傘下にある)のトップ、マジョリー・スカルディノ氏が、中間決算発表時にこの点について聞かれ、「現在は過渡期だが、印税は上がるだろう」と述べている。

 ただし、スカルディノ氏によれば、紙や印刷など経費は、本の価格の「25%」程度だそうで、電子書籍になったからといって、ものすごく大幅に経費がカットされるわけではない、と釘をさしている。それでも、電子書籍の「正当な印税」を払うべきだという考えを述べた。・・・ということはつまり、25%のままではない、ということだろう。

 さて、日本は一体どうなるんだろう?

                       ****

日本の印税の詳しい話:本の印税ってどのくらい?
http://homepage2.nifty.com/osiete/s653.htm

追加情報:紙媒体:50%、電子書籍:25%の該当箇所をペースト。
上のエコノミスト記事内:
In particular, in contracts for works produced since agents started discussing royalties for electronic books, publishers have at most been willing to offer authors 25% of net revenues on e-books, compared with the typical 50% split for printed books.

作家団体:オーサーズギルドの文章から「4」の一部
http://www.authorsguild.org/advocacy/articles/wylie-amazon-and-random-house-battle.html
Knowledgeable authors and agents, however, are well aware that e-book royalty rates of 25% of net proceeds are exceedingly low and contrary to the long-standing practice of authors and publishers to, effectively, split evenly the net proceeds of book sales.

トラックバックURL : http://ukmedia.exblog.jp/tb/14870447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 平凡でもフルーツでもなく.. at 2010-08-01 23:47
タイトル : 正当な印税税率とは?電子書籍化で印税が半分に減る人達も居る!
これまで自分のアナログ時代の活動を振り返りつつ、インターネット時代、ソーシャルネ... more
Commented by van at 2010-07-31 18:52 x
英国の書籍の印税が50%というのは本当ですか?
私は10%だと認識していますが?

どちらにしてもアンドリュー・ワイリー氏の話は興味深いですよね。
当たり前ですが昔の契約書には電子書籍のことは一切ふれられてないので、今の作家達と比べると自由があると思います。アマゾンと直接契約することも可能ですし。

相手が出版社であろうがアマゾンであろうが、我々作家にとってはエンドレスな戦いになりそうです。

Commented by polimediauk at 2010-08-04 21:47
vanさん

どこかで、米国の場合は「15%」という数字も見ました。一体どうなっているのか?「50%-紙、25%-電子書籍」の部分を上に、ご参考にペーストしておきました。何か情報などありましたら、ぜひご一報ください。

なんだかまだまだ、戦いが続きそうです。
Commented by van at 2010-08-05 06:30 x
リンクのページ、読みました。ハッキリしないですね。文章からすると、おそらく定価の50%ということではなく、印刷などの経費を除いた収益を出版社と作家が折半、ということだと私は判断しましたが、どうなんでしょうか。

つまり印税と換算すると、やはり10〜20%が妥当ではないかと。イギリスの場合しかわかりませんが、とにかく個々の契約書次第だという気がします。
Commented by zyugo at 2010-08-07 00:51 x
日本の出版社と海外エージェンシー、両方でお仕事した方なら
ご存じと思いますが、日本と海外では印税計算に掛かる母数が違います。

日本の場合「印刷」部数×定価×著者印税率、ですが、
海外の場合「実売」部数×定価×著者印税率、となるのが主流です。

つまり、日本の出版社では売れた数に関係なく、印刷した数だけの
著者収入が確保されますが、海外の場合は売れない限り収入は0です。

出版社側がリスクをもって、3年契約で売ってくれる、、という考えはなく、
キャッチーで売れる本を出し続けないと、専業著者さんはたちまち食い詰める
構造にあります。

#もちろん日本方式は再販制ありきなので、その部分の功罪はありますが

根本的な契約内容が違うため、それを考慮せずに料率10%、25%、50%、
といった数値にとらわれても、あまり意味が無いのではないでしょうか。
Commented by bero at 2010-08-07 03:26 x
分母が違うんじゃないの?
「定価の10%」と「粗利益の50%」を比較してて、実質は同じだと思う

Commented by polimediauk at 2010-08-07 08:19
vanさん、 beroさん、 zyugoさん、インプット、ありがとうございました。分母設定(何を対象として比較するか)、再販制度のある・なしなど、だいぶ事情が違うところ、ロイヤリティーの部分にだけ注目して、失敗したようです。
「契約によって異なる」「利率だけ」を比較しても、意味はないかも・・・と言う点も「そうだったのか・・」と思いました。上記の点、投稿分に付け足します。著者取り分や印税の話、もう少し情報を集めて、後日、書きます。
by polimediauk | 2010-07-31 16:26 | ネット業界 | Trackback(1) | Comments(6)

ジャーナリズムの話いろいろ+欧州事情も


by polimediauk