ネット業界

ハフィントン・ポストのマグレブ版がスタート

c0016826_1932746.jpg
 

 先月始まったばかりの日本版に続き、米ハフィントン・ポストが今週、新たな海外版をスタートさせた。今度は、チュニジア、モロッコ、アルジェリアなどの北西アフリカ諸国=「マグレブ」地域=に向けた、フランス語版だ。

 ハフィントン・ポストン創業者アリアーナ・ハフィントン氏のブログによると、 マグレブ向けのサイトのオープンは、この地域が「社会的、政治的、経済的に大きな変革を遂げている時」にあたる。「世界の視線はマグレブとこの地域に住む人々に注がれている」。

 新サイトはマグレブの民主主義の成長に一定の役割を果たすことも目指しているようだ。

 サイトはフランス語だが、内容を英語、スペイン語、イタリア語、日本語、ドイツ語に翻訳することで、マグレブの声が世界に伝わってゆくようにしたいという。

 6人から8人の編集スタッフをチュニジア、モロッコ、アルジェリアにそれぞれ配置する。

 ハフィントン・ポストは本国の米国以外に、英国、カナダ、フランス、スペイン、イタリア、日本でサービスを開始している。今年秋にはドイツでもスタートする予定だ。
by polimediauk | 2013-06-26 18:58 | ネット業界

ジャーナリズムの話いろいろ+欧州事情も


by polimediauk