欧州表現の自由

仏「シャルリエブド」誌がアイランちゃんの写真を題材にした風刺画を掲載

c0016826_891923.jpg
 
(ツイッター画像より)

 フランスの風刺雑誌「シャルリエブド」の最新号が、トルコの海岸で見つかった、シリアからの難民男児アイラン・クルディちゃん(3歳)の遺体画像を風刺画のトピックとして描いている。ツイッターを見ると、「気持ち悪い」「恥を知るべきだ」などの声が出ている。(*Aylan=アイラン=ちゃんは Alan=アラン=と表記されることもあるようです。)

 今月2日、波打ち際に顔をふせて横たわっていたアイランちゃん。その姿を撮影した画像は、世界中の注目の的となった。赤いTシャツに半ズボンのアイランちゃんは、両親と兄と一緒にゴムボートに乗り、ギリシャに向けて出発したが、ボートが転覆し、命を落とした。母と兄も亡くなった。

  画像では顔の正面は見えなかったが、アイランちゃんは小さな体を通して、欧州に渡ろうとする難民たちの姿を生々しく伝えた。子供がある人もない人も、心を動かさずにはいられない光景だった。

  このアイランちゃんの画像をもとに、シャルリエブドは2つの風刺画を掲載した。

 その一つは「移民さん、ようこそ」という題名がつき、横たわる子供のイラストの左上に、「ゴールにとても近かったのに・・・」という文字が書かれている。その右隣にはマクドナルドの看板が描かれている。看板には、「子供たち二人のメニューを、一人分で」(買える)というプロモーションがある、と書かれている。

  もう1つの風刺画は、題名が「欧州がキリスト教信者である証拠」。左側にキリストと見られる人物が立っている。その右横には、半ズボンをはいた、子供らしい人物が海の中に頭を突っ込んでおり、半ズボンと足だけが見える。キャプションが付いていて、「キリスト教徒は水の上を歩く。・・・イスラム教徒の子供たちは沈む」。

 果たして、これが風刺なのだろうかー?筆者はこの二つの風刺画をネットで見ただけで、実際の雑誌を手に取っていないので、ほかに関連の表記があるのかどうかは分からない。

  しかし、もし風刺の目的が「権力者を批判する・笑う」のであれば、これは風刺には当たらないだろう。弱者を笑っているように見えるからだ。イスラム教徒を差別的に描いているようにも見える。

 いったい何が面白いのかなと個人的には思うが、何か深い意味があるの「かも」しれない。あるいは、ないのかもしれない。状況が分かる方に教えていただきたいものだ。もっとも、「笑い」は説明されてしまっては、つまらなくなるものだが。

 一つの解釈として、亡くなった子供やイスラム教徒を笑っているのではなく、「難民問題をうまく処理できない、右往左往状態の欧州政府を笑っている」と言えなくもないがー。

  ご関心のある方は、ハフィントンポスト英語版のサイトからご覧になっていただきたい。
トラックバックURL : http://ukmedia.exblog.jp/tb/24684272
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 何の風刺かという解釈 at 2015-09-16 01:15 x
両方とも風刺されているのは、難民に対する先進国の姿だと感じます。

「移民さん、ようこそ」の方の解釈ですが、難民がシリアから欧州へ
命がけで旅してくるのを、欧州は無邪気にレース扱いしているようだ
という皮肉ではないでしょうか。

看板のドナルドは、子どもを見殺しにしている先進国の姿です。
彼らは難民がゴールするのを、ただ待っているだけなのです。
子どもが死んでも「あとちょっとだったのに残念!」と言うだけなのです。

2人分のメニューを1人の料金でというのは
ゴールまでに半分死ぬということでしょう。

つまり「難民がゴールするのをただ待つのはやめろ」というメッセージが
この風刺画に含まれていると思います。

もう1枚の、「欧州がキリスト教信者である証拠」ですが
イスラム教徒が海の上で危険な目にあっているというのに
欧州人がそれに無頓着であるのは、欧州人がキリスト教徒で
キリスト教徒は海の上を歩けると思っているからに違いない、という意味だと思います。

「でも、キリスト教徒なら海の上を歩けるのかもしれませんけど
イスラム教徒は沈むんですよねぇ・・」という皮肉です。
Commented by polimediauk at 2015-09-16 14:31
そういう意味だったのですね。ありがとうございます。
Commented by kimaruri at 2015-09-19 09:32 x
数年ぶりにコメントします (^^)

シャルリエブド紙社屋でのテロ事件の際、「夕刊フジ」や「日刊ゲンダイ」レベル(両紙には失礼かもしれませんが!)の新聞という印象を受けましたが、外れてはいないみたいですね。
同化能力を超えてムスリムを受け入れ、どう扱っていいかわからなくなったことが原因のフランス人の根深い差別観=彼らには差別でなく、フランス人を頂点とする当然の人種間の社会秩序(序列と思ってません!)が根底にあると思います。2005年11月の大暴動の時、これは根治不能。10年か20年後には、今度は治安回復に軍隊が必要な大混乱が起きるんじゃないかと思いました。

今回のシリア難民の受け入れで、ドイツも同じ宿痾に侵されることになるともいます。既に扱いかねている100万人超の在独トルコ人のことを考えると、トルコ人とシリア人が憎み合うシステムができればこれ幸い、団結されて「差別撤廃」を叫ばれるようになると、フランスと同じことになるでしょう。
もちろん日本だって同化能力以上に受け入れれば同じです。我々も同じように差別するようになります。
将来の日本人が、1枚の写真で百年の大計を誤るような決断をしないことを祈りたいです。
Commented by polimediauk at 2015-09-22 07:42
お久しぶりです。(お名前に、聞き覚えが・・・。)

この問題、私自身、10年ほど、追っていますが、つながっている感じがしますね、いろいろとー。
by polimediauk | 2015-09-15 08:07 | 欧州表現の自由 | Trackback | Comments(4)

ジャーナリズムの話いろいろ+欧州事情も


by polimediauk