ネット業界

参加型ジャーナリズム 湯川さんのブログから


韓国のオーマイニュースのことが、湯川さんの「ネットは新聞を殺すかブログ」で紹介されている。

http://kusanone.exblog.jp/

オーマイニュースの件は、本にもなっており、今年、私が最も感動した本の1つだ。本当に目からウロコが落ちる思いだった。市民とジャーナリストの垣根をなくしたのが1つの特徴だが、その意味するところ、暗示するところ、発展していく方向、影響力は、はかりしれない。これがどういう意味合いを持つのか、私自身、想像がつかない。

詳細をここで書かずに恐縮だが、オーマイニュースの本を書店で立ち読みなどされることをお勧めしたい。

湯川さんは参加型ジャーナリズムに関して本を書いているところだ。一部を紹介。

また英ガーディアンのインタビューに対し「70%の市民記者は身の回りのことを書いている。西洋のジャーナリストから市民記者にプロ並みの報道ができるのか、という質問を受けることがある。誤解しているようだが、プロ並みの報道をしている市民記者はほとんどいない」と語っている。
 オー社長は「(市民記者には、一般的な)ニュースの形式を気にしなくていい、と言っている。プロの真似はしなくていい、自分自身の言葉で語っていいんだ、と強調している」という。
 ただ市民記者の中でもプロとして通用する人もいる。そういう人を積極的に社員記者として雇用するそうだ。オーマイニュースの社員記者の8割は、市民記者出身だという。
 オーマイニュースでは、サイト上に一日に数十本の記事を載せるが、その3分の1が社員記者の手によるものらしい。


また、以下の箇所もある。

オーマイニュースのオー社長は、同社が成功した理由を韓国独特のものとしている。
 理由の1つは、韓国の既存メディアが保守寄りで、国民は別の議論を求めていたから。2つ目は、国民の75%がブロードバンド接続というネット先進国だから。3つ目は、韓国の国土が狭く、市民記者の記事の裏を取るために現場に向かう場合でも、2時間以内に現場に到着できること。4つ目の理由として、社会の関心が少数の問題に集中するという国民性を挙げている。そして最大の理由として、20代、30代の若者は革新的な考えを持っていて、実際に活動に参加する若者が多いからだとしている。
 オー社長は「技術だけでは社会は変わらない。(変化を受け入れる)準備ができた人が社会を変えるのだ」と言う。
 今年5月31日にイスタンブールで開催された世界新聞協会の年次会合で講演したオー社長は次のように語っている。
 「オーマイニュースをスタートさせたのは2000年の2月22日午後2時20分です。2の数字が並んだ日時を選んだのは、20世紀型のジャーナリズムとは決別し、21世紀の新しいジャーナリズムを確立したいと思ったからです」「(市民記者は)だれが記者であり、どういう記事の書き方がよくて、どういうものにニュース価値があるか、という既存メディアのこれまでの常識を打ち破ろうとしています」「参加型ジャーナリズムは世界中に広がり、21世紀のジャーナリズムの中核になると信じています」。

トラックバックURL : http://ukmedia.exblog.jp/tb/3145319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by alfayoko2005 at 2005-12-11 19:16
今日のロサンゼルスタイムズに、サンフランシスコクロニクルの部数減少についての記事が出ています。

San Francisco Chronicle Struggles as Internet Siphons Readers, Ads
http://www.latimes.com/business/la-fi-chronicle11dec11,0,5115266.story

って、他の新聞心配する前に、てめえのところはどうなんだ!ってツッコミ入れたくなりました(笑)
by polimediauk | 2005-11-29 06:34 | ネット業界 | Trackback | Comments(1)

ジャーナリズムの話いろいろ+欧州事情も


by polimediauk