放送業界

石油貯蔵所火災で、BBCの視聴率が急上昇


6,500通のメール

c0016826_2134552.jpg
  ロンドン郊外のヘメルヘムステッドというところにある、石油貯蔵所で、11日朝午前6時ごろ爆発による火災が発生。12日夜現在も火災は継続している。今後2-3日、あるいは1週間、燃え続けるといわれている。原因は、不明だ。

 ロンドン中心部からは約40キロ離れた地点での事故だが、爆発音は、ロンドン中心部でも聞こえたという。一説には、オランダでも聞こえた(!?)、と言われている。

 燃え盛る炎をテレビの画面を通して見ていたが、大地の上に大きな薄い層(灰色の綿のように見える、煙が集まったものか)のようなものが、できていった。

 時々、BBCでは、貯蔵所近くで撮った映像を流したが、ほとんどは市民が携帯やビデオで撮り、これをBBCに送った映像だった。中には、安全確保のために立ち入り禁止になったところへ、市民がわざわざ入り、撮って、送ったものもあった。BBCの場合、こうした映像は無料で提供されているようだ。テレビやBBCオンラインのサイトでも、目撃者からの映像、実話を募集するというテロップが頻繁に流れた。映像は貴重だが、危険な場所にわざわざ入って映像を撮った後で、事故などにあったら、どうするのだろう?複雑な思いで、画面を見ていた。

c0016826_2141986.jpg
 11日の一日だけで、現場中継をしたBBCニュース24(衛星放送の24時間ニュースのチャンネル)に、470万人の視聴者が集まったという。ライバルになるスカイ・ニュースの視聴者は410万だった。(あまり変わらない感じだが・・。もっと差がつくかと思ったが。)

 通常のチャンネルでは、BBC1という(NHK第一放送のような)チャンネルの旗艦ニュース番組「テン・オクロック・ニュース」(午後10時のニュース)を、600万人が見たという。

 BBCに対して、6500通のメールが届き、画像や体験談を送ってきたという。7月のロンドン爆破テロの際に、市民から送られたメールは1000通だったというから、その数倍にもなる(おそらく、この1000というのは、一日で、という意味だろう。)

 この数字は、BBCの広報部発表による。

http://www.bbc.co.uk/pressoffice/pressreleases/stories/2005/12_december/12/oil_depot.shtml

 もちろん知りたい情報ではあるし、助かったが、「BBCって、すごいでしょ」という感じが、どうもする・・・。事件のインパクトを国民に知らせることが重要、という判断だとは思うが・・。
by polimediauk | 2005-12-13 02:10 | 放送業界

ジャーナリズムの話いろいろ+欧州事情も


by polimediauk