政治とメディア

エコノミストとブラウン首相

c0016826_21122683.jpg 今週号の英「エコノミスト」の表紙を英国で見た人は驚いたに違いない。イエスキリストを思わせる(?)ような、裸で腰まわりに布をまきつけたブラウン首相(顔だけを後でくっつけたもの)が、様々な方面から来る矢をあびている。(右写真はその一部。)(注:イエスでなく聖セバスティアヌスだそうです!!コメント参照のこと。)
 そして、この表紙の右端には、ブレア元首相が「ニヤリ」としているのである。いたずらっ子のように。

 本当にブラウン首相に関する批判がこのところ多い。それも、ブレア氏が放ったと思われる批判の嵐。例えば前副首相のプレスコット氏、労働党の影の資金担当者と言われるリービー卿がそれぞれ本を出してブラウン氏を批判したかと思うと、最近は、ブレア氏夫人がブラウン氏のことをめちゃくちゃにけなしている。(しかし、夫人シェリーは本当に様々な人物から嫌われていたようだ。タイムズに本の内容が連載されているが、他紙もおもしろいところだけを拾っている。)メディアは、一生懸命、一連の暴露ものを追うが、一般市民は「もう聞きたくない」と思っているのではないか。誰が後ろで糸を引いているかミエミエだから。

http://www.timesonline.co.uk/tol/news/politics/article3919697.ece

 エコノミストは今週号で何故ブラウン首相が失敗したのかを書いている。最後に、いろいろ批判はあるにせよ、前首相から引き継いだ公共部門の改革を一生懸命やることだ、と書いている。まだ首をすげ替えるには早いと。その上で経済が好転すれば、次の総選挙で(長くて2年後)保守党に負けない、と。それでも、後になって歴史を振り返れば、最悪の政治上の失敗と見なされるだろう、と予測している。「仕事をやり遂げるやり方は知っているのに、それを一体どうしたらいいのか分からない」政治家だから、と。

The Agony of Gordon Brown
http://www.economist.com/opinion/displaystory.cfm?story_id=11332230
トラックバックURL : http://ukmedia.exblog.jp/tb/8847600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マッドマン at 2008-05-14 07:05 x
「ジーザズ・クライスト・スーパースター」じゃなくて「モンティ・パイソン、ライフ・オブ・ブライアン」のように、絶望からの希望を見出すことでしょう、ブラウン首相は。英国史上第一位のこの映画を英国人が支持している限り、そんなに簡単に皆メディアにひっかかからないんじゃない?英国人の
老練さに期待したいところだ。「エコノミスト」誌って最近信用できないよね。僕は読みませんよ。
Commented by adv at 2008-05-14 08:45 x
こんにちは。いつも楽しく見させていただいております
記事の本筋とは関係ないですが、写真のブラウン首相の姿はキリストではなく西洋絵画で弓矢で処刑されるシーンがよく描かれる聖セバスティアヌスではないでしょうか?
Commented by polimediauk at 2008-05-14 17:33
advさま

聖セバスチアヌスですね!!!失礼いたしました。ありがとうございます!!!
Commented by porepore at 2008-05-16 16:30 x
小林さん

ブラウンの存在が、対米関係悪化の懸念材料として浮上していないでしょうか?

もう一つフランスの躍進です。サルコジ大統領の存在感の大きさも理由の一つですが、中東諸国との親密な関係をはじめ、アフリカと欧州以外の地域にも手を伸ばしてきた感じがします。

私は趣味で中国語の勉強をしているのですが、フランスの存在感が中国メディアでも増してきた傾向があります。

もうそろそろ保守党の衣替え時期なのかも気になるところです。
Commented by polimediauk at 2008-05-21 04:34
poreporeさま

対米関係悪化・・のところまではまだ話は行っていないような感じがします。確かに外交にはあまり熱心じゃないみたいですけれどね。中国には大変気を使ってはいるようです、それでも。フランスの躍進はすごいですね、サルコジになってから。軍事もきちんとやりましょう、という部分もあるでしょうし。どの国も、中国に熱心です。

保守党は、もうそろそろ政権交代を望む人がずい分増えたと見ています。
by polimediauk | 2008-05-13 21:13 | 政治とメディア | Trackback | Comments(5)

ジャーナリズムの話いろいろ+欧州事情も


by polimediauk