ネット業界

英国では地方でブロードバンド普及が大

 英通信規制団体オフコムが22日発表したところによると、従来は「デジタルデバイド」のために後発と見られていた地方で、都市部よりもブロードバンド普及率が高いことが分かった。オフコムは公共放送や通信業の規制・監督をしているが、正しい政策を行なうための判断材料として、細かく市場を調査し、その結果を発表している。

http://www.ofcom.org.uk/media/news/2008/05/nr_20080522

 地方の家庭59%がブロードバンドがあるのに対し、都市部は57%だったが、4年前までは都市部のブロードバンド普及率は地方の2倍だった。

c0016826_21115590.jpg 今回の調査で最も普及率が高かったのはイングランド北東部のサンダーランド(66%)で、低いのはスコットランドのグラスゴー(32%)。何故サンダーランドが高いのは不明だが、グラスゴーの場合は世帯収入とコンピューター所有率の低さとされている。地方でも若干の差がある。イングランド(60%)、スコットランド(53%)、北アイルランド(52%)、ウェールズ(45%)。(グラフはBBC)
 
 英国でブロードバンドが最初に提供されたのは2000年だ。

 携帯電話のみ(固定電話なし)の家庭は全体の20%だが、イングランド北東部の都市で平均より高い数字が記録された。マンチェスター市を含む「グレーター・マンチェスター地区」では28%に。

 ネットを使ってテレビ番組を含む動画を見た大人は全体の30%で、特に高いのがロンドン(40%)、エジンバラ(45%)だった。まだまだ携帯電話で動画を見た人は少ない(全体の4%)。

 テレビの視聴率をチェックしているBARBによると、英国人は毎日平均3・6時間テレビを見ているそうだ。

 また、オフコムの調査では85%の家庭が自宅にデジタルテレビを持っている。2006年の同様の調査から10%上昇した。
トラックバックURL : http://ukmedia.exblog.jp/tb/8905037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マッドマン at 2008-05-23 15:28 x
私が英国に来た頃(2002年)は日本の方がブロードバンドは進んでいたのに、今では英国の方が普及していますよね。ロンドン内のネットカフェもあの頃は1時間1ポンドだったけど、今はどこでも、2時間で1ポンドでしょ。日本は今だに1時間300円とかだから、1年に1回里帰りした時の2週間滞在時とかとても不便に感じます。携帯も日本はペイ・アズ・ユー・
ゴー方式が未だにないから、旅行者にとっては不便な国ですよね。
この数年で逆転されてしまったようです。質も価格も。
Commented by Takeshi at 2008-05-23 17:30 x
以前にも同じ様なコメントさせて頂いたので恐縮です・・

イギリスはどれだけFTTH(光回線)が普及したでしょうか
日本ではもはやDSLは高速回線とは呼ばれません
イギリスの通信業者は動画などデータトラフィック増加により更なる課金をしようとしていますが
本質的な事から目を逸らしている様に見えます
つまり、もうDSLではイギリスでもナローバンドと呼ぶべき時代になっているのだと思います

FTTHの普及を目指す動きをここ数年期待しているのですが
まだ、動きは見られませんね

また、通信の全てをデータベースに登録するかもしれない(する事に決まった?)
と言うニュースを見て、データトラフィックに及ぼす影響を懸念しています

Commented by porepore at 2008-05-23 18:37 x
TakeshiさまのFTTHの指摘は興味深いですね。

FTTHの需要に対し、回線の供給が追いついていないという話は聞いたことがあります。私は2004年から“占有型”の光ケーブルを契約しているのですが、つい先日、業者から「占有型から共有型に移行してみてはどうか?現在のところ、一月に7000円近く支払っているのが、これが500円ほど下げられ加入者にとっては、お得で万歳だ」と持ちかけられたことがあります。なんだか虫のいい話で胡散臭かったので、業者に「共有型から占有型には移行できるのか?」と聞いたところ「それはできません」とキッパリ断られました。なんだか業者の魂胆が見え見えでしたので、私はこの段階でお断りしました。しかし、こうした日本の状況は、今後の世界に対して興味深い事例を提供しているように思います。

高速回線の普及は、イギリスよりも日本の方が相当進んでいると思います。コリン・ジョイス氏の言うとおり、どうせ在日イギリス記者なんて碌でも無い記事ばかり発信しているので、ここらでガツンと骨のある記事を現地に伝えてみるのも面白いかもしれません。

Commented by kilkenny at 2008-05-24 13:08 x
日本では、今時ピーヒャラとやるモデム人口は、おそらくゼロでしょう。
つまり、ブロードバンド人口を話題にする必要もありません。
銅線か光ファイバーのどちらを選ぶかという時代です。
私自身は、銅線のADSLで十分だと思っていますけど。
しかし、このブロードバンド人口も、実はある挑戦的な企業が普及を促したことは、知る必要があります。決して、役人とか独占企業のNTTとかがリードした訳ではないのです。
歴史はいつも、あぐらを組んだ太った豚からは生まれないのです^^)
Commented by マッドマン at 2008-05-24 17:11 x
ハードだけ進んで肝心の中身のコンテンツのソフトがお粗末、大昔からの日本の歴史ですよね。車とか携帯電話とか最新の物をいつも買い換えて、それが内需拡大だ、と。液晶テレビがどんなに売れても、見ている番組が日本のテレビ局のあれじゃあ、とか。こういうことを言うから私なんかは、日本では「嫌われ者」なんですけど。日本の消費者ってだまされているというか、新しいテクノロジーとかに金を払いすぎだと思う。
「自己満足!」とか揶揄して、いつも飲み屋とかで喧嘩になったり(笑)
向こうから見れば、私は「外国かぶれ」なんでしょうね。
Commented by polimediauk at 2008-05-26 07:53
みなさま、

日本でペイ・アズ・ユーゴーが使いにくいのは大問題でしたね,確かに。日本って英国より進んでいるんだかなんだかさっぱりわからなくなりました。ただ、おそらく、ハードは日本が進んでいるですよね。ソフトは英国、と。

光ケーブル関係ですが、英国は全く遅れています。と聞いています。日本がすごく進んでいるんです。速度もずいぶん違うはずなんです。

つまり、ソフト、サービスを増やしているけれど、光通信ケーブルなどハードがまだまだなのです。ある報道では、まともにやろうとしたら、巨額のお金と何十年もかかるそうなのです。「本質的な問題を避けている」というのは本当です。本質的には「光のケーブル」問題でしょう。BTが本当はたくさん投資しないといけないんですが。BTは政府にお金をたくさん出して欲しいようです。

「通信の全てをデータベースに登録するかもしれない(する事に決まった?)と言うニュース」:よくご存知ですね!!ほぼ決まったようですが、あれ?と思っていました。

回線の件、気になっていたので、後で書きます。ただ、自分で分からないことも多かったので、またコメントしてくださると幸いです。


by polimediauk | 2008-05-22 21:15 | ネット業界 | Trackback | Comments(6)

ジャーナリズムの話いろいろ+欧州事情も


by polimediauk