小林恭子の英国メディア・ウオッチ ukmedia.exblog.jp

英国や欧州のメディア事情、政治・経済・社会の記事を書いています。新刊「英国公文書の世界史 一次資料の宝石箱」(中公新書ラクレ)には面白エピソードが一杯です。本のフェイスブック・ページは:https://www.facebook.com/eikokukobunsho/ 


by polimediauk
プロフィールを見る
画像一覧

英議員とカネ報道―結局、テレグラフの勝ち?

 英議員の「灰色」不正経費使いで、辞職・停職状態になる大物議員が相次いでいるようだ。

 最初にこのニュースを報道したテレグラフのサイトをのぞくと、トップ記事で扱っているほか、特集面を作り、ガンガンやっている。

http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/mps-expenses/

 ウェブサイトを使って特集をやると、ここまでできるのかと、ある意味感心してしまう。真ん中のコラムを使って、「灰色」経費の議員にインタビューした時のビデオを載せている。右側にはこれまでの経緯や経費情報のリストやQ&A。下の方には、トイレットペーパーや冷蔵庫の氷を作るケース、サンタのチョコレートなど、議員が経費として請求した分の変なものの写真が載っている。ちょっとおもしろい。

 どうやってテレグラフがこの情報を得たのか、何か非合法な手を使ったのではないか、という議論がどっかに吹っ飛んでしまうような勢いがある。編集長のウィル・ルイス氏は笑いが止まらないだろう。議員の経費問題はずっとくすぶっていた問題だし、いつもテレグラフを馬鹿にしているガーディアンの鼻をあかしたのだから。

 議員とカネの問題を頭を冷やして考えてみたいと思い、「エコノミスト」に行くと、文脈などのあれこれがよく分かる。

http://www.economist.com/world/britain/displaystory.cfm?story_id=13640193


 エコノミストは、これを機にいよいよ「議員の経費問題が改良される」と見る。多少なりともそうなるとすれば、テレグラフのスクープ報道は来年、いくつかのジャーナリズム賞を取ることにもなろう。

 不景気で、生活が苦しくなった国民の間で、不当に多額の経費を使っているように見える政治家への不信感はさらに強くなった。保守系テレグラフはこういう国民の心をつかむのがうまい。ややもすると、右派大衆紙デーリーメール的にもなってしまうのだが。

 新聞の将来については暗い話ばかりだが、紙とネットで報道合戦が続く英新聞界―数千キロ離れた日本から見ると、意外と元気があるように見える。燃え尽きる直前の、最後の花火という見方もできるけれどもー。
by polimediauk | 2009-05-14 23:36 | 政治とメディア