小林恭子の英国メディア・ウオッチ ukmedia.exblog.jp

英国や欧州のメディア事情、政治・経済・社会の記事を書いています。新刊「英国公文書の世界史 一次資料の宝石箱」(中公新書ラクレ)には面白エピソードが一杯です。本のフェイスブック・ページは:https://www.facebook.com/eikokukobunsho/ 


by polimediauk
プロフィールを見る
画像一覧

イラン、デジタル英国の報告書

 イランの選挙の結果が混迷で、こちらでは大ニュースになっている。

 同時に、16日には、将来の英国のデジタル政策を決める「デジタル英国」という報告書(240頁以上)が出た。その中で、ニュースの重要性が語られており、多様な視点を持たせるためには、BBCだけがあるのではダメで、完全デジタル化移行のために使われるテレビライセンス料を、将来的に(デジタル化が終わったら)、民放ITVなどのニュース制作にまわそうではないか、という案が示された。

 そこで昨日の夜(16日)の時点の話だが、何でも、イランでは外国報道陣に行動制限がかせられている、という。特にBBCの記者陣は動けないようだった。BBCの放送をイラン国内では自由に聞けないように、スクランブルがかかっている・・・ということをBBCの編集者などがブログに書いていた。そこで代わりに現地から送ってきた、市民の携帯で撮った映像や、TWITTERのつぶやき、それに、マイクを持ったままのジョン・シンプソン記者の推測・聞いた話の報道があった。

 ところが、チャンネル4、ITVなど、ITNというところが作っているニュースには記者が取材した映像が出ている。詳しく比べたわけではないが、いささかショックである。つまりは、「BBCを含めた外国報道陣は取材ができない状態」というよりも、「BBCができない」ということか、とも思う。

 しみじみ、BBCだけが英国の取材陣ではなくて、良かったなあ・・・と思うわけである。英国のニュースがBBCだけになってしまったら・・さぞ窮屈、さぞお上の放送ばかりになってしまうことだろう。BBCは時として、自分=世界、自分=すべて・・・と論理をつなげることがある。これがつらい、と思う。

 イラン・・・。市民の怒りや不満が爆発しているようだ。最終的によい方向に行けばいいが。選挙の見直しになるなんて、よっぽどである。

 (それにしても、英国って中東の一部だっけ?と思うほど、中東のニュースが多い。歴史的なこともあって、濃いつながりがあるのは分る。アフガニスタンに人を送っているせいもあるし。それにしても・・・である。「中東で勢力を拡大しようとしているんでしょ?」とイランの人の一部がかんぐるのも無理はない・・・。)
by polimediauk | 2009-06-18 01:10 | 放送業界