小林恭子の英国メディア・ウオッチ ukmedia.exblog.jp

英国や欧州のメディア事情、政治・経済・社会の記事を書いています。新刊「英国公文書の世界史 一次資料の宝石箱」(中公新書ラクレ)には面白エピソードが一杯です。本のフェイスブック・ページは:https://www.facebook.com/eikokukobunsho/ 


by polimediauk
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

マンデルソン企業相が政府ブリーフィングを一手に引き受ける?―英大衆紙と政治

 ガーディアンのスクープ報道によると、マンデルソン企業相がロビー記者に対する政府のブリーフィングを自らの手で毎週行う「かも」しれない。また、ブリーフィングの様子はテレビ放映されることも想定されているという。

http://www.guardian.co.uk/politics/2009/nov/11/mandelson-tipped-as-information-minister

 テレビ放映及び自らが広報官になる、という動きについて、ガーディアンは、これはマンデルソン氏が言ってみれば「情報大臣」になることだ、と書いている。大衆紙サンが野党保守党に支持を移したので、いろいろ嫌気がさしたということも背景にあるだろう。

 「嫌気」の大きな引き金となったのは、アフガニスタンで亡くなった兵士の遺族に向けて、ブラウン首相が送った手書きの手紙事件だ。この手紙には兵士の名前などつづりの間違いがあったらしい。ブラウン首相は謝罪のために兵士の母に電話したのだが、何とこの時の会話をサン紙が今週、紙面で掲載したのだ。
 
 私はこの話を最初に聞いた時、「やっぱりサンは電話を常に盗聴していたんだな」あるいは「やらせだ」と思ったが、いくつかの報道を見ると、兵士の母親が会話を録音し、この内容をサンに知らせたのだという。これが事実だとしたら、これもまたいやーな感じだと思っていた。自分の息子が機材の不備などで亡くなり(と母親は言っており)、無念でしかたないのは想像できるが、ブラウン首相はまさか会話が新聞に提供されるとは思っていなかった。何だか汚い感じがした。よりによってサンである・・・・。

 いずれにせよ、昨日(10日)、官邸で記者会見があって、この件を問われた首相の態度が「真摯だった」と後にこの母親はメディアを通じて語り、今朝の新聞は首相に対して同情的な論調となった。

 そして、今朝のBBCのラジオ4の番組「TODAY」にマンデルソン氏が出て、サンつまりはマードック側が保守党支持に回ったことを指摘し、その後の手紙騒動などで「サンやスカイテレビが、まるで敵は政府であるかのように振舞っている」(攻撃している)と怒り+不満やるかたない発言をしていた。

 そこで、マンデルソン氏としては、「黙っていて、やられっぱなし」というのがもう我慢ならなくなったのであろう。元々、昔はテレビのプロデューサーだった人である。また「ニューレイバー」のPR担当だった。労働党のイメージを刷新し、選挙に勝てるようにするために雇われたのがマンデルソン氏だった。

 それから長い月日が経った。ある意味では、いよいよ出る人が出たというか、本気で総選挙を戦わないといけないと思っているのかもしれない。しかし、「自らが表に出る」というのは何だか余裕がない感じがする。それでも、他にいないのだろう。
 
 ガーディアンの記事を読むと、まだ詳細は決まっていないようだが、1つの案としては、毎週月曜日、ロビー記者へのブリーフィングをマンデルソン氏がやるというもの。そうすると、月に一度会見をやっているブラウン首相の影が薄くなるという見方もあるが。

 記事の中にも書いているが、ロビー記者へのブリーフィングは長い間秘密だった。80年代以降から次第にオープン化が進み、1997年、労働党政権になってから、官邸ブリーフィングが正式にオンレコになり、2002年からはブリーフィング(朝夕2回)を記録したものが官邸サイトに載っている。ブリーフィングは官邸広報官が行っている。

 記事によれば、官邸は新しいコミュニケーションのやり方を模索しており、これをリードしているのが最近雇用された、サイモン・ルイスという人だという。この人は、テレグラフ紙の編集長ウイル・ルイス氏の兄である。

サンとスカイテレビを批判するマンデルソン氏の発言
http://www.guardian.co.uk/politics/2009/nov/11/mandelson-contract-sun-tories
元官邸にいたランス・プライス氏の見方:大衆紙にいつ反撃するべきか
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2009/nov/11/sun-gordon-brown-jamie-janes
自分の新聞が反ブラウンになって残念と言うルパート・マードック
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2009/nov/11/sun-gordon-brown-jamie-janes
by polimediauk | 2009-11-12 03:46 | 政治とメディア