小林恭子の英国メディア・ウオッチ ukmedia.exblog.jp

英国や欧州のメディア事情、政治・経済・社会の記事を書いています。新刊「英国公文書の世界史 一次資料の宝石箱」(中公新書ラクレ)には面白エピソードが一杯です。本のフェイスブック・ページは:https://www.facebook.com/eikokukobunsho/ 


by polimediauk
プロフィールを見る
画像一覧

BBCトラストの委員長が来年で辞任+ローマ教皇の訪英

 BBCトラスト(視聴者の代表としてBBCの活動内容を監視・検証する)のトップ、マイケル・ライオンズ氏が、来年、辞任することになった。4年間の就任期間が来年の春終了し、第2期目を続けると夏には話していたのだが、第1期だけにとどめたい、と政府に伝えた。

 BBCトラストの前身は同様の業務内容を持つBBC経営委員会で、2007年、発足した。トラストのトップ(便宜的に委員長と呼んでおこう)はパートタイムの仕事で、週に3-4日の勤務というのが条件だが、ライオンズ氏は、委員長職の責務が非常に大きく、パートタイム以上の仕事が要求されるようになり、他の同氏の仕事との兼任が難しくなったという。

 BBCは来年から、政府とテレビ・ライセンス料(NHKの受信料に相当)の交渉に入るが(現在のライセンス料体制が2013年で終わりになるため)、この重要な時期にBBCトラストのトップが交代にすることになった。

 5月に発足した連立政権を担う保守党は、野党時代、トラストの廃止を要求したこともあった。BBCにとっては厳しい政策を実行するのではないかと言われている。

 次期トラストの委員長職には、「ユーガブ」という世論調査団体のトップか、すでにトラストの委員の一人になっている、パトリシア・ホッジソン氏が候補にあがっているという(噂段階)。「もし」ホッジソン氏になれば、BBC経営委員会及びトラストで、女性がトップに来るのは初めてになる。

http://www.guardian.co.uk/media/2010/sep/14/sir-michael-lyons-bbc-trust

 16日から19日まで、ローマ教皇ベネディクト16世が英国にやってくる。教皇が英国に来るのは28年ぶり。ブラウン前首相が昨年招いた。

 英国とカトリック教の関わりを「英国ニュースダイジェスト」の16日付けに書いたのだが、ウェブサイトのニュース解説の面に、今日明日中には載るはずである。(今はまだ出ていないが。)

http://www.news-digest.co.uk/news/index.php


by polimediauk | 2010-09-15 18:01 | 放送業界