小林恭子の英国メディア・ウオッチ ukmedia.exblog.jp

英国や欧州のメディア事情、政治・経済・社会の記事を書いています。新刊「英国公文書の世界史 一次資料の宝石箱」(中公新書ラクレ)には面白エピソードが一杯です。本のフェイスブック・ページは:https://www.facebook.com/eikokukobunsho/ 


by polimediauk
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

お知らせ:「調査情報」がオリンピック特集

お知らせ:「調査情報」がオリンピック特集_c0016826_18325234.jpg TBSメディア総合研究所が出す、メディア雑誌「調査情報」 http://www.tbs.co.jp/mri/info/info.html に、ロンドン五輪をめぐる英国の放送事情についての原稿を寄稿している。

 雑誌の特集は「初参加から100年 オリンピックと日本人」だ。この雑誌は骨のある記事がたくさんあって、編集長のこだわりが良く出ているといつも思う。

 大型書店ーー八重洲ブックセンター、丸善日本橋店、書泉グランデ(神保町)、岩波BS、紀伊国屋書店新宿店、三省堂神田本店、リブロ池袋店、阪急ブックファースト(渋谷店、銀座店)、ジュンク堂(池袋店、新宿店、大阪本店、鹿児島店、京都BAL店、西宮店他)ーーなどで、お手にとってもらえると幸いだ。

 以下は目次のコピーである。

 
初参加から100年 ~オリンピックと日本人

遠いか近いか オリンピック
橋本 治

テレビ放送の革新が促したオリンピック発展史
杉山 茂

ロンドン五輪 放送事情
小林恭子

JCがつくるオリンピック放送の現在と将来展望
鈴木健司

1940、1964、2020
三つの東京オリンピック考
武田 薫

2020年東京オリンピック招致
~私はこう考える

今野 勉、中嶋嶺雄、保阪正康、大宅映子、富野由悠季、松本健一、中野 翠、後藤正治、山内昌之、関川夏央、矢内 廣、内田 樹、田中優子、玉木正之、長田渚左、森永卓郎、斎藤貴男、二宮清純、香山リカ、里見清一、小松成美、茂木健一郎、生島 淳

オリンピックを機に考える2、3の事がら
~昭和史と私の映画人生
篠田正浩(語り下ろし)

連載

ルポルタージュ 被災地再生への歩み

気仙沼発 災害担当記者の独白 第1回
福島隆史

被災地で知った"記者"という仕事
大津実由紀

三陸彷徨 新たな魂との出会いを求めて 第6回
龍崎 孝


好評連載!
同時代を生きる視点
家族のなかの死
----水村美苗『母の遺産 新聞小説』…川本三郎

テレビ日記
日本の家庭と家族の劇【6】
<日本一のお母さん> 役者の何故…鴨下信一

メディア論の彼方へ
今、目の前で進行している<反動>について…金平茂紀

creator's voice
時事放談 戦う80歳~「最期」の日々…石塚博久

著作権AtoZ
「写し込み」は、権利者の許諾を得なければ違法なのか?
~「雪月花」事件判決から得られた教訓~…日向 央

メディア漂流
大学におけるジャーナリズム教育【8】
「コザ騒動」--嘉手納基地突入者の証言…松野良一

ブヒ道
無敵が俺を呼んでいる…小泉𠮷宏

culture windows
映画『あの日 あの時 愛の記憶』…宮内鎮雄
本『海岸線は語る--東日本大震災のあとで』…木原 毅

視聴者から
地デジ移行から1年近く経って…河野 晃

Media NEWS
2012年4月、5月…加藤節男

データからみえる今日の世相
テレビで見るオリンピック、楽しみですか?

by polimediauk | 2012-07-02 18:32 | 放送業界