小林恭子の英国メディア・ウオッチ ukmedia.exblog.jp

英国や欧州のメディア事情、政治・経済・社会の記事を書いています。新刊「英国公文書の世界史 一次資料の宝石箱」(中公新書ラクレ)には面白エピソードが一杯です。本のフェイスブック・ページは:https://www.facebook.com/eikokukobunsho/ 


by polimediauk
プロフィールを見る
画像一覧

英国ビジネス・点描(2)マイクロ起業がブーム 24%増加の都市も

 2008年に拡大した世界的な金融危機。英国では、危機以前に約5%だった失業率が現在7.8%(今年4-6月)に達している。2016年半ば頃までは低成長が続くという。

 こんな英国で、「仕事が見つからないなら、自分で始めよう」-そう考える人が増えている。

 フリーで働く人を対象に仕事の案件を売買する英サイト「フリーランサー」 (登録者約870万人)によると、過去1年で「マイクロビジネス」(一人であるいは家族を手伝わせて経営する小規模の事業)を始める人が急増した。

 で、これにマンチェスター(23%)、ベルファースト(21%)、ロンドン(21%)、カーディフ(21%)、エディンバラ(20%)、リバプール(20%)、バーミンガム(19%)、リーズ(19%)、グラスゴー(18%)と続く。

 起業は「景気後退で解雇された時の準備や収入不足を補うのが目的」(フリーランサー社の欧州担当者)という。オンラインショッピング用のソフトを作ったり、ネットで翻訳サービスを始めるなど、「パソコン一つで起業できるようになったこと」も追い風になっている。

 英政府の依頼でシンクタンク「バンクサーチ」が調べたところによると、昨年の起業数は過去最高の49万件に達し、中小企業の数は約480万となった。

 起業後「どれほど利益を出しているかは疑問だ」と手放しに喜べないという人もいる。景気が本格的に回復するまでの防衛策として賢い一手ともいえるのかもしれない。

 (週刊「エコノミスト」の「ワールドウオッチ」の筆者担当分に補足しました。)
by polimediauk | 2013-09-27 06:46