小林恭子の英国メディア・ウオッチ ukmedia.exblog.jp

英国や欧州のメディア事情、政治・経済・社会の記事を書いています。新刊「英国公文書の世界史 一次資料の宝石箱」(中公新書ラクレ)には面白エピソードが一杯です。本のフェイスブック・ページは:https://www.facebook.com/eikokukobunsho/ 


by polimediauk

北アイルランド自治政府、トップ2人が女性で活動開始

 約2年間、政治の空白状態となっていた英領北アイルランドで、2月3日から自治政府が活動を開始した。
 いくつかの報道を見ていると、北アイルランドと南のアイルランド共和国との統一を目指すカトリック系政党シン・フェイン党の副党首ミッシェル・オニール氏が首相に就任したことが焦点だ。
 これまで、自治政府のトップは北アイルランドが現在のまま英国に帰属することを求めるプロテスタント系政党の党首であったので、大きな変化だ。
 補足すると、実は「首相」は一人ではない。自治政府のトップは2人で、今回は2人とも女性である。
 一人の役職名は「第1首相(ファースト・ミニスター)」、もう一人は「副第1首相(デピュティ・ファースト・ミニスター)」。後者は「副」がつくから、前者の「下」なのかなという印象を与えるが、実は、2つの職の権限は全く同じだ。
 2つの職の権限が同じであること自体が、北アイルランド自治政府の根幹となっている。

30年間にわたる闘争の末に

 1920年代初頭、アイルランド島南部は英国から独立していくが、北部の6州は独立せずに英国の一部であることを選択した。プロテスタントの国・英国同様、この6州ではプロテスタント系の住民が圧倒的だったからだ。南部はカトリック系住民が大多数だった。
 南部はアイルランド共和国として発展していくが、北部は「大多数のプロテスタント、少数のカトリック」という構図があったため、カトリック住民にとっては生きにくい社会で、政治も治安体制もプロテスタント住民が事実上支配権を握っていた。
 プロテスタント系住民とカトリック系住民の対立がそれぞれの民兵組織、英国本土から派遣された英軍も関わるようになって武装闘争に発展していくのは1960年代に入ってからだ。約3000人が犠牲となった。包括和平合意ができたのは、1998年。
 これによって北アイルランド自治政府が発足したものの、宗派の異なる政治家に対する不信感が消えず、何度も政府は機能停止となった。
 何度かの危機の後、2007年に発足した自治政府はプロテスタント強硬派の指導者イアン・ペイズリーが第1首相に、カトリック系民兵組織IRAと関係が深い政党シン・フェイン党のマーティン・マクギネスが副第1首相になった。
 北アイルランド議会で最大の議席数を持つ政党が第1首相を出すことになっているが、当時、ペイズリーが率いる民主統一党(DUP)が第1党だった。
 月日は流れ、2022年5月の総選挙で、DUPは初めてカトリック系政党に議席数で負けた。全90議席のうち、25議席がDUP、シン・フェイン党が27席を獲得したのである。
 いくら2つの職の権限は同じと言っても、「副」がつかない「第1首相」がカトリック系政党から出たことへの象徴的意義は大きい。
 2021年の北アイルランドの人口調査によれば、「カトリックの家庭出身者及び現在信者である人」の比率は45・7%。「プロテスタント及び他のキリスト教宗派の人」は43.5%。カトリック系住民はもはや少数者とは言えなくなった。
 シン・フェイン党の躍進はこうした事情も反映しているのかもしれない。
 2022年の議会選で第2党となったDUPは、政権への参加をボイコットしてしまう。英国の欧州連合からの離脱の際に決めた通関などの規則が複雑化したことへの反発が尾を引いたと言われている。
 しかし、今月に入ってスナク英政権が規則を簡素化する法案を通したことで、自治政府が再開されることになった。

トップは女性2人

 さて、第1首相になったのは、シン・フェイン党の副党首ミッシェル・オニール氏(47歳)。「副党首」というのは、党首はアイルランドの議員メアリー・ルー・マクドナルド氏だからだ。オニール氏は若い頃からシン・フェイン党にかかわり、故マクギネス氏は恩師の一人だ。
 副第1首相は法廷弁護士の資格も持つエマ・リトルペンゲリー氏(44歳)。政治活動は2015年から。 一時は国会議員にもなり、「別のことをやってみたい」と政界から遠ざかったこともある。2022年にはDUP指導者ジェフリー・ロバートソン氏の議席を引き継いだ。
 第1首相と副第1首相が2人とも女性であったことは、今回が初だ。何とか、政権が長続きしてほしいものだが。
 また、2つの職が同等であるなら、別の呼び名を考えるべき時が来たのかもしれない。「副」がついたほうは「一段下」というのが通常の考え方だろうから。

by polimediauk | 2024-02-05 23:27 | 英国事情