小林恭子の英国メディア・ウオッチ ukmedia.exblog.jp

英国や欧州のメディア事情、政治・経済・社会の記事を書いています。新刊「英国公文書の世界史 一次資料の宝石箱」(中公新書ラクレ)には面白エピソードが一杯です。本のフェイスブック・ページは:https://www.facebook.com/eikokukobunsho/ 


by polimediauk
プロフィールを見る
画像一覧

アルジャジーラ英語放送社長の話に改めて衝撃

c0016826_541515.jpg

 アルジャジーラの英語放送があと少しで始まるそうだが、放送開始を待ちかねている人も多いのではないのだろうか。

 何せ、もともとアラビア語なので、評判だけは高くても、番組内容を紹介されても、やはりちゃんと見たことがなければ、自分で判断のしようがない。

 英語放送は、アルジャジーラ・インターナショナルという新組織になって、その社長には、英民間放送ITNというところにいた、ナイジェル・パーソンズ氏(写真)が就任。

 一体どんな放送になるのか?

 英語の国際放送だが、BBCともCNNとも違う、と。別の角度から見た、国際放送だ、と。でも、いくら聞いても、どうもイメージがつかめないでいた。

 先日、社長がロンドンに来たので、インタビューする機会があった。

 前にも何度か挨拶程度をしたことがあるのだが、とてももの静かな感じの人で、???本当は一体どんな人なんだろうなあ、と不思議に思っていた。

 話を聞いてみて、今回の英語の国際放送は、発想的に非常に新しいものであるらしいことがしみじみと分かってきて、これはおもしろいことになるか?と思った。BBCでもなく、CNNでもない、真の「国際的視点」を持った放送・・・。ホントにできるとしたら、今までになかったものができるかもしれない。

 これまで、世界のニュース報道は英米に支配されてきたが、他にももっと影響力の大きいところがでてきても良かった。フランスも始めているらしいが、ロシアのロシアン・ツデー(英語放送)とか、自分たちで自分たちのことを(世界に向かって)語りたい、という風潮が出てきていて、それが広がっていくとしたら、おもしろい。中南米のテルスールもそうだと聞いている。

 前に、オランダで放送会議に出たとき、アフリカの声を拾う、アフリカ独自の国際放送がない(少ない)という声を聞いたが、その後、どうなったのかな?と思ったりする。

 (インタビュー記事は、日刊ベリタで数日後に出る予定・・・です。)
by polimediauk | 2006-04-19 05:57 | 放送業界