小林恭子の英国メディア・ウオッチ ukmedia.exblog.jp

英国や欧州のメディア事情、政治・経済・社会の記事を書いています。新刊「英国公文書の世界史 一次資料の宝石箱」(中公新書ラクレ)には面白エピソードが一杯です。本のフェイスブック・ページは:https://www.facebook.com/eikokukobunsho/ 


by polimediauk
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

欧州で起きていること ムスリムの隣人たちとどう付き合うか


 ロンドン、グラスゴーとテロ未遂事件が続けて起きたため、イスラム系テロ対策をどうするかに話題が集まっている。イスラム社会では、お決まりのようにムスリム・カウンシル・オブ・ブリテン(英ムスリム評議会)の代表が「テロは許されない行為だ!」と声明を出すはめに陥り、テレビやラジオの討論番組には若きイスラム教徒たちが呼ばれて質問を受けたり、お互いに批判しあったり、「あの容疑者はとってもいい青年だったけど、アルカイダのビデオを見ていた」と証言する元友人たちが出る・・・という流れになっている。

 そして、イスラム教徒を「穏健派」と「過激派」に分ける。「穏健派はいいけど、過激派は困る、90%以上が穏健派だけどね・・・」と政治家たちが話す。と同時に、イスラム教徒たちは「僕たちは一人一人違うし、穏健派と過激派に分けるのもナンセンスだ」という。両方の議論がかみ合っていない。

 欧州に住む全員にとって、イスラム教徒の件は、いかに隣人と生きるか、つきあうかの問題のような気がする。西欧側からすると価値観が違うかのように見える(本当はそれほど違わないし、衝突も本当は少ないと私は思っているけれども)隣人といかに生きるか。イスラム文化に関してはたくさん無知と偏見がある。リベラルと自認する西欧人と話してみれば、100人が100人、イスラム文化に偏見があるように思える。(逆に、西欧文化の価値観で生まれ育った私・私たちには欧米文化を必要以上に良いものと見なす考え方があるのだろうが。)

 問題は、幻想だったかもしれないが、西欧人には自分たちはリベラル、民主主義、異なる価値観に寛容のようなイメージがあって、ところがイスラム文化に関しては、受け入れることができないのが本音だが、その本音を言えないか、あるいは自分が偏見を持っていることを容易には認めない。「偏見を持つことは恥ずかしいこと」だからだ。

 いかにして、イスラム教徒の隣人と衝突なしにやっていくか、互いの価値観を認めて生きていくか、時には自分のこれまでの価値観や文化を相手に合わせるために変えていけるかー欧州は今こうしたプロセスの渦中にあると思う。非常に大きな流れだと思う。

 欧州を笑ってばかりもいられない。日本人である私が日本にいたら、少数民族の価値観のために、(国内の大多数を占める)日本人の文化・価値観を変えることに同意できるか?(ひょっとしたら、日本人の方が自分自身を変えやすいのかもしれないが。)

 いずれにしろ、イスラム文化との付き合い方(に苦しむというの)は非常に欧州的な問題ではないかと思う。先日、米国に住む学者がロンドンに来て、オランダのイスラム移民に関する講演を行った。先住オランダ人とイスラム教徒の国民の間で価値観と衝突が起きていて、これが問題になっている、ということを9年近くかけて調査した本を出した人だ。オランダに住む学者との共同研究だ。

 講演の後、この学者のところに行き、イスラム文化との価値観の衝突が起きているのはオランダばかりでなく、欧州のほかの国でもそうだ、というような話になった。どうしたらいいのか、処方箋を聞きたい、と言った。隣にいた、英国に住むイスラム教徒の若い青年も、「アドバイスが欲しい」という目で学者の言葉に耳を傾ける。学者は、大きいため息をつき、「一言だけ言いたい。私が住むカリフォルニアで、よく使う言葉だ。チル・アウト(まあ、落ち着けよ)」。

 私は、頭が空っぽになるのを感じた。チル・アウトできないから苦しんでいる。自分自身が譲れないと思う「何か」を持っているからこそ、苦しむ。「考えるのをやめろよ」と言われた思いがした。

 いずれにせよ、何かが欧州で起きている。欧州専門の学者だったら、もっと的確に何が起きているのかを言えるのかもしれないが、私は残念ながらそうではない。そこで、衝突があった現地に行って、人に会って、話を聞いてみようと思った。生の言葉を聞きたかった。

 そういうことを2005年ごろからやりだした。もっと早く出たかったけれども、なかなか資金繰りがうまくいかなかった。

 このテーマの「ルポ」ものを主にベリタに書いてきたが、今回、ある程度ブログに出してもよいという許可が出たので、次回から順次出していきたい。(一部は既に「オランダの表現の自由」の項目に出ているが。)

 拾った生の声を届けたい。


 追記:「チル・アウト」の言葉が頭から離れなかったが、講演の質疑応答の中で、ムスリムのジャーナリストがいて、「あなたの本は処方箋を書いていない。こんな本を書けば、イスラムフォビアが増えるばかりだ」と言った。当の学者はしばし沈黙し、「ほらね、こんなコメントが議論を止めさせるのです。私の人生のモットーを聞きたいなら、一言だけだ。アイロニーだ。人生はアイロニーだ」と言ったのである。私は今、この言葉をかみ締めている。彼が言いたかったのは、オランダは70年代、モロッコやトルコから労働力を入れた。数年して母国に帰ってもらうつもりだったが、オランダの人権団体などが外国人労働者の権利を守るために働き、結局は長期滞在となった。家族を呼ぶようにもなった。モスクが必要だ、学校が必要だ、と言えば、税金を使って支援してきた。その結果が、こうだ(関係が悪化)、ということを言いたかったのだろうと想像した。善意をつくして相手のためにやったつもりが、感謝もされない状況になってしまったのだ。まさにアイロニー。皮肉だ。深いな、と思った。
by polimediauk | 2007-07-05 07:22 | 欧州表現の自由