小林恭子の英国メディア・ウオッチ ukmedia.exblog.jp

英国や欧州のメディア事情、政治・経済・社会の記事を書いています。新刊「英国公文書の世界史 一次資料の宝石箱」(中公新書ラクレ)には面白エピソードが一杯です。本のフェイスブック・ページは:https://www.facebook.com/eikokukobunsho/ 


by polimediauk
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

欧州特派員の視点 (3) 朝日新聞


朝日新聞・ヨーロッパ総局長木村伊量氏の6月末のインタビュー(最後)

―知的な会話には新聞が大事だと思うが、日本の新聞業界は危機状態にあるだろうか?

木村氏:間違いなく危機だと思う。発行部数が全体で、ごく一部の新聞を除いて、ずるずると減ってきている。なかなか歯止めがかからない。かつては広告とは新聞の広告のことだったがテレビに取られ、テレビもインターネットという新しいメディアの登場で、どんどん広告がネットに移っている。若い人は新聞よりもインターネットで簡単に見て、それ以上いらない、という雰囲気がある。

 ライフスタイルも変わっている。これだけ他メディア時代になってくると、新聞だけじゃなくて他のメディアもどんどん変わる。役所も政党も新聞とかテレビという既成のメディアを頼らずに、自分たちが直接情報を出すことができる世界になっている。

 役所や政党の情報を独占して、それを味付けしたり、加工したりして流すというところの新聞の機能は落ちてくるというのは間違いない。厳しい状態。日本の新聞だけではなく世界の新聞のほとんどに共通している。その中で、新聞が責任あるメディアとして、しかも全体のメディアの中核として(生きていく)条件は何か?

―条件とは?

 3つあると思う。まず、速報性ということでは、新聞はインターネットにかなわない。テレビは出現したときにかなわなかった。テレビや新聞と同じように、大手新聞もそれぞれ朝日新聞ならアサヒ・コムのようなホームページを立ちあげて、そこにニュースを早く流している。もちろん速報性も大事だが、新聞を(読んでいる)人たちにネットがまず入り口を提供する。

 そこで1番目の条件は付加価値の高い、深い情報を提供すること。世の中が複雑化していて、みんながいろいろな情報の洪水の中にいる。その中に、これは一番大事な情報だ、という優先順位を新聞が公平な視点できちんとつける。大事な問題には解説をつける。ある事件が起きてみんなテレビで見て、テレビで大体の解説と背景は何か、と知る。次の日に新聞を読む人はもっと深い、別の視角からのオリジナリティーのある記事が読みたい。昨日テレビで言っていたけれども、こういう事情でこういう背景があったのか、と。政治経済、焦点深度の深い情報を読者に提供することで、自分たちの存在を高めていく。これが新聞のあり方。

 2番目は、特ダネ。これも早耳競争で、かつて僕がやったように、明日発表になるものを「何とかを入手して」と書いても、それは「ご苦労さん」、立派なことではあるけれども、読者からすれば、よほどの大きなことではない限り、どうせ三日後ぐらいには出るのを、「明日原案が固まる」といわれても、だから何なの?と。

 一番質の高い、優先するべき記事は、じっくりとした調査報道で、それがなかったならば、歴史の波に隠れて出なかったもの、地道な努力でやるようなもの。例えばワシントンポストのウオーター・ゲート事件や、朝日新聞もかつてリクルート報道でやったが、じわじわと、一つ一つ、既成の権威によりかからず、記者が集めていく。

 新聞がアジェンダを作っていく。これは独りよがりなことだけでなく、読者に共感を得られるように、新聞がアジェンダをリードしていく。交通事故のキャンペーンでも、あるいは乳がん撲滅キャンペーンでも。世の中で、これが一番大事だということを、きちっと作っていくという意味での特種性、オリジナリティーを出すところが新聞の役割。隠されたものを暴く、という、単に正義感に燃えてということも大事だけれども、後ろに何かあるかということをじっくり(探り出す)という意味の特ダネ。独自ネタを読者に提供するのが非常に大事。

 3番目はフォーラム機能。新聞がフォーラムを作っていく、言論の大事さをきちっと育てていく。えらそうに上から言う、というのはご法度だが、フォーラムの機能をじわじわと高めていって、朝日新聞見ている人も、こういう見方もあるのか、と。イラク戦争は今朝日は反対しているけれども、でもイラクに行くべきだという人の意見も出す。こういう見方もあるのか、という点を出す。

 オプ・エドは大事だと思う。アメリカも、例えば、エディトリアルがあるけれども、オプは別の論調を入れる。NYタイムズに反対の人の意見も載る。民主主義の多様性を大事。これに加えて、フィードバック。自分たちがひとりよがりにならないように、いろいろな人から意見をもらう。

 そういう3つの点が実行できるなら、新聞がまたメディアの主軸というか、場の中で生きていける余地は多分あるだろう。そのためには、今までの成功物語の上にあぐらをかいていてはいけない。自分たちのオリジナリティーを再定義する、新聞の意義と価値を再定義していく、こういう作業をくぐらないと、やっぱり新聞は無用の長物になる。必需品にはもうなくなっている。

―より良いクオリティーペーパーを目指すべき、ということか?

 そうだ。クオリティー・ペーパーというのはいろいろな意味合いがある。一方で、お年寄りやシニア世代に、大きな文字で分かりやすく、というのがあるが、一方で、もっと質的なクオリティーで、あまり大衆だけに流されずに、言うべきことはきちっと言うという意味のクオリティーもある。両方を追求しなくてはいけない。

―ネットはライバルか?

 ネットはライバルだが、敵にしていたら生きていけないと思う。ネットは入り口でもある。新聞がいつまで紙に耐えられるか?20年後は?分からない。新しい生活形態にかなうツールも出てくるだろう。ネットで新しいことをドンドン吸収し、こちらからも発信。どっちが上で下でもない。クロスメディア状態。

 イギリスもガーディアンをはじめとして、ネットに力を入れている。ネットを敵視して、古いところにこだわったら生きていけない。むしろネットがプリントメディアを上回る状態が来るかもしれない。みんな暗中模索中。

 最も古い歴史のある(英新聞業界の)「フリート街」が最も先鋭的な実験をしている。これはすごいなと思う。古いモデルにこだわるのでなくて、古いところを大事にしながら、一番先鋭的試みをする。何でも新しいのをとりあげて、大胆にやる。イギリスの新聞の危機感は日本も同じ。どこで誰が次の担ぎ頭になるのか。(英新聞は)ウエブの世界をどんどん適用するたくましさを感じる。日本もおおいにみならうべき。(終わり)
 

 
by polimediauk | 2007-08-04 02:31 | 新聞業界