小林恭子の英国メディア・ウオッチ ukmedia.exblog.jp

英国や欧州のメディア事情、政治・経済・社会の記事を書いています。新刊「英国公文書の世界史 一次資料の宝石箱」(中公新書ラクレ)には面白エピソードが一杯です。本のフェイスブック・ページは:https://www.facebook.com/eikokukobunsho/ 


by polimediauk

2007年の英広告費内訳 ネット大幅増加

 英広告協会(Advertising Association)が、2007年の英国広告費の内訳を、9日、発表した。広告費の合計は前年と比較して4・2%増で194億ポンド(約4兆円)となり、ネット広告が初めて30億ポンドの大台に乗った。ネット広告だけを見ると前年比39.5%の伸び。広告市場全体の16%を占め、出版(新聞と雑誌の合計)の40%(77億ポンド)、テレビの24%(46億ポンド)に次いで、第3位となった。

 複数の調査によれば、ネット広告がテレビを抜くのは来年、新聞を含む出版広告を抜くのは2年後の2010年と予想されている。

 ネット広告と新聞広告とを比較したらどうなるのか?

 細かい数字を追っているのが英インターネット広告局で、2007年発表分によると、既に2006年、ネット広告は全国紙の広告費を上回っている。前者がシェア11.4%、20億ポンドだったのに対し、後者はシェア10・9%、19億ポンドだった。初めて全国紙広告費を抜いた年となった。2007年では、ネット広告が28億ポンド、シェア15・3%だったのに対し、全国紙が19・9億ポンド、10・5%。地方紙(27億ポンド)のシェア(15%)も抜いた。

 ガーディアンの5月19日付記事では、「ゼニスオプティメディア」社(ZenithOptimedia)が、新聞、テレビ、ネットの3本立てて広告費を比較している。これによると、2007年分では新聞が39億ポンド、テレビ33億ポンド、ネットが23億ポンド。この後の数字を付け加えていなかったが、紙版(Internet ad spending will overtake television in 2009)の記事にはグラフが付いていた。そこから数字を拾うと:

棒グラフ:「広告費」
(単位:百万ポンド)2007年 新聞 3,921(39億2100万ポンド)、テレビ 3,380、ネット 2,374
2008年 新聞 3,963、 テレビ 3,830、 ネット 2,982
2009年 新聞 4,011、 テレビ 3,431、 ネット 3,640
20010年 新聞 4,090、 テレビ 3,499、 ネット 4,366
(2007年は実績、他は予測)


 計測者によって比較対象や媒体別広告費にばらつきがあるが、ネット広告の急伸では一致している。

 ガーディアン記事の中に、「今年、広告費の半分がネットを通じたディスプレー広告になるのではないか」というコメントがある。英テレビ界も新聞も、視聴者・読者も、広告主もネットにますます流れそうだ。

 以下、関連サイト。

広告協会6月9日

http://www.adassoc.org.uk/Ad_stats_yearbook_2008_-_8june08.pdf

ガーディアン5月19日付けhttp://www.guardian.co.uk/media/2008/may/19/digitalmedia.advertising

インターネット広告局 4月7日付け(2007年分)
http://www.iabuk.net/en/1/pwcadspendstudy080408.mxs

インターネット広告局 昨年3月28日付け(2006年分)(全国紙、地方紙の数字は電話確認)
 http://www.iabuk.net/en/1/iabadspend2006.mxs
by polimediauk | 2008-06-10 23:47 | ネット業界