小林恭子の英国メディア・ウオッチ ukmedia.exblog.jp

英国や欧州のメディア事情、政治・経済・社会の記事を書いています。新刊「英国公文書の世界史 一次資料の宝石箱」(中公新書ラクレ)には面白エピソードが一杯です。本のフェイスブック・ページは:https://www.facebook.com/eikokukobunsho/ 


by polimediauk
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2005年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

何故、犯行に走ったのか?

 気のせいかもしれないが、日本の新聞・通信社の今回のロンドン・テロに対する報道が、かなりすばやい。先を争って報道しているようだ。私がさっと見た限りで、一番早くて詳しかったのが読売新聞だった。以下が日本時間が午前1時50分ごろのもので、産経や時事通信が2時から3時ぐらいの報道になっていた。(読売よりも早いところもあったのだろうか?)

 以下が、とりあえずの状況としてはすべて入っている。この記事後に、「現地情報」(テレビからとった分析と若干の最新情報)も入れてみた。

 まず、基本情報だが:


英テロ実行犯4人特定、全員が自爆死か
 【ロンドン=土生修一】ロンドンの同時爆破テロ事件で英捜査当局は12日、地下鉄3件、バス1件の計4件の爆破事件の実行犯と見られる4人すべてが、現場で死亡した可能性があると発表した。

 うち1人については死亡をほぼ断定した。残り3人については、確認作業を行っている。

 この4人のうち3人は英国中部ウエストヨークシャー州の出身で、残り1人の出身地は不明。

 捜査当局は、事件に関連して、6件の逮捕令状をとった。

 当局によると、監視カメラの映像などから、実行犯の4人は、事件発生当日午前8時半、列車でロンドンのキングスクロス駅に集合したことが分かった。それぞれ爆発物を持って地下鉄とバスに乗り込んだと見られる。所持品や検視結果などから1人は、オルドゲート駅で死亡したことが分かった。これにより、4件とも自爆テロの可能性が強まった。

 また捜査当局は12日、同事件に関連した疑いで同州出身の男性1人をロンドン市内で逮捕した。

 このほかにロンドン北郊のルートン駅近くで、犯行に使われたとみれる車1台を押収した。

 英PA通信は、逮捕されたのはパキスタン系で英国生まれの20代前半の男性だと報じた。

 逮捕者の出身地である同州リーズ市周辺は、イスラム教徒が多い地域で、同市からは、今回の地下鉄爆破事件の現場であるキングスクロス駅へも鉄道で直行できる。

(2005年7月13日1時51分 読売新聞)


 「現地情報」だが、私自身、及び知人などの反応を聞いてみても、実行犯の身元が大体判明した時点で、いろいろ共通した感想が出てきた。

 まず、かなりショックを受けている。思っていた通り、イスラム系であること(パキスタン人ということで、ほぼイスラム系と分かる。最初から決め付けているわけでなく、前後の報道、報道の仕方、などから、あきらかにイスラム教徒であることが分かるのだ)、英国籍保持者であること、若い男性であること、など、最初からそう言われていたが、分かってみて、ますますショックである。

 どうしてテロを起こしたのか、その社会的バックグラウンドなどが、英国に住んでいる人だと、ぴんときてしまう。ある程度いい教育を受けた人である可能性もある。恐らく、近くのモスクかあるいはインターネットで過激思想、聖戦・ジハード、自爆テロなどに心酔していった・・・、など。

 つまり、「すぐ隣にいたかもしれない」「普通の」人たち、男性たち、なのである。

 実行犯は亡くなっている可能性が高い(1人逮捕された人がいるが)ということで、「本当はどうだったのか」を本人から聞き出す可能性もなければ、テロを起こした罪を、禁固刑でつぐなわせるといった可能性も消えた。

 遺族からすると、怒りの矛先がないのである。謝罪も、改心も、ざんげも、何もない。やりきれない。

 どうやったら、若いイスラム系男性たちが、このような行為に及ばないようにできるのか?

 午後7時からのチャンネル・フォーというニュース番組で、ジョン・スノーというキャスターが、「何故こういうことが起きたのか?若いイスラム系男性の心に何が起きたのか?」を必死になって聞き出そうとしていた。

 ゲストの1人が、タリク・ラマダンTariq Ramadan というイスラム教の学者だった。私は詳しく知らないが、米国政府から入国を拒否されている人だそうである。

 彼の説明によれば、2つの理由がある。1つは、「こうした人々は、イスラム教を正しく理解していない。いかなる理由でも私はテロという犯罪行為を支持しない」として、もう1つの理由は、「イスラム系の青年たちは、仕事がなかったりなど、社会的な問題を抱えている。これを解決しなければならない」。

 そして、こうしたテロが起きたときに、「宗教の問題」として、片付けてしまってはいけない、と繰り返した。

 彼の説、及び英国や欧州に住むイスラム系の人々の境遇をここで詳しく書くことができないが、それぞれ、深い。

 私が最近行ってきたオランダに比べれば、英国のイスラム教社会は、はるかに発言力を持っていると思うし、街中にいても風景に「なじんで」おり、それほどネガティブな環境で生きているとは思えないが〈自爆テロを起こすほど、という意味だが)、それでも、やはり、「違う」「許せない」と思う部分を見つける男性たちもいるのかもしれない。若い人は19歳ぐらいであったという。


 しかし、それにしても、社会に対する不安、不満を「爆弾テロ」という形で実行にうつす・・・ここがどうも、何らかの幻想にとりつかれている、誰かに「だまされている」ような気がしてならない。自分自身の、あるいは家族の、コミュニティーの、国の・・・様々なレベルの問題に対する怒りを、「テロ」で解決できる、何かを達成できる・・・と教えたのは、一体誰なんだろう。

 思考のジャンプをさせたのは、誰なのか?

 一方、議会の建物が、現在厳重警備中で誰も中に入ったり外に出たりできなくなっているという。これも午後8前後の話だが。

 

 

 
by polimediauk | 2005-07-13 05:09 | 政治とメディア

11日付け「インディペンデント」紙の情報

 ウエブ上で見る限り、日本の新聞がロンドンの先週のテロのニュースをかなり細かく追っているようだ。人事とは思えない、という部分があるのかどうか?

 個人的には、イラクで昨日、自爆テロで20人以上が亡くなり、今日も少なくとも9人のイラク兵が亡くなった、という報道にも衝撃を受けている。現在のところ、ロンドンのテロでは49人が亡くなり、700人以上が重軽傷を追ったのだが、イラクでは毎日のように二ケタ台の人が殺されたり、負傷したりしている、ということが、頭の片隅にある。

 11日付「インディペンデント」紙は、ロンドンのテロを生き延び、月曜日から通常通り通勤する、という数人の顔写真を一面に載せている。
 
他に、いくつかの情報を拾ってみると:

 地下鉄はほとんど平常に戻ったが、一部動いてない線もある。バスは通常通り。爆破事件後閉鎖していた学校も授業を始めた。自転車を買う人が増えているという。バスや電車では他人に自分の命を預けているようなもの。自分で自分の人生を管理したい、ということだそうだ。影響を受けた通勤客にはカウンセリングサービスも始まるという。

 週末、英中部の都市でイスラム系市民が多く住むバーミンガムでテロが起きる可能性があって、2万人が避難する、という事態があった。実際は何も起きなかったのだが、テロを思わせる情報が警察側にあったという。

 気になる犯人・犯行グループのめどだが、既に、アル・カイーダに関連した30人の被疑者を警察が割り出した、という。この30人の中には、既に日本でも報道された、昨年のマドリードでの列車爆破事件の首謀者といわれるムスタファ・ナサル氏(47)。シリア出身でスペイン国籍を持ち、マドリードの事件後に英国に潜入した可能性がある。もう1人はモロッコ人のムハンマド・アル・ゲルボウイジー氏で、カサブランカとマドリードのテロ事件に関与していたと見られている。英国籍でロンドン在住と見られている。

 犯人たちが外国から来たテロリストなのか、英国で生まれ育った人間によるものなのか、警察当局は正式には「まだ分からない」としている。ところが、前ロンドン警視庁のトップだったスティーブン卿によると、犯人たちは「英国の生活や価値観を完全に知っている者」だとしている。

 「イスラム教過激派になりたがっているような人が英国にはたくさんいる。爆撃犯は普通の英国市民で、保守的な若い男性、清潔な衣服に身を包み、恐らく高い教育を受けている。コンピューターに長けていて、爆発物などの情報をインターネットから学習している」。「ここ数年の間に、ウサマ・ビン・ラーディンのトレーニングキャンプを訪れた英国生まれあるいは英国にベースを置く人々は3000人ほどいる。もちろん、全員がテロリストになったわけではないが」としている。

 クラーク内務大臣は、まだ犯人が見つかっていないので、またテロが起きる可能性がある、としている。

 キングスクロス駅近くで起きた爆破事件の地下鉄の車両の中にいる、遺体の確認に時間がかかっているが、作業終了には少なくともあと数日はかかる予定。警察官らの話では、地下トンネルの中が高温であるためとすすなどがたくさんあって、作業を進めることが困難だからだ。それぞれの警察官は2時間交代のシフト制で働いているという。ねずみがいたり、アスベストスに汚染される危険もあるという。

 最後に、アルフィー・デンネンという、ロンドンのウエブ・デザイナーがサイトを立ち上げ、テロに負けないということを、みんなで示そうと呼びかけているそうだ。アドレスはwww.werenotafraid.com

(以上、情報源は全て「インディペンデント」より)
 
 
by polimediauk | 2005-07-11 18:20 | 政治とメディア

「ルーツを解決する」

 BBCの朝のラジオのニュース番組「TODAY」で、ブレア英首相が、午前8時40分頃から(日本時間午後4時40分頃)インタビューされた。番組のウエブサイトhttp://www.bbc.co.uk/radio4/today/listenagain/で後で聞けるようになると思うが、最後の数分でテロの犯人に関する言及があった。

 まず最後のコメントから紹介すると、ブレア首相自身は、犯行を誰が起こしたのかに関して、現在のところは「分からない」。しかし、「アル・カイーダ系」である証拠がある、と述べている。

 その少し前のコメントでは、「イスラム系」「過激派」であることを想定して話が進む。

 そして、「実際に起きた問題の解決も重要だが、ルーツにある問題を解決することが重要だと思った」と述べている。

 「ルーツにある問題とは?」と聞かれ、今回のテロが起きるような環境、状況を解決することだ、として、具体的には「中東問題」(パレスチナ、イスラエル問題)と、「社会の中で過激派が生まれるような状況」というようなことを答えている。

 つまり、社会の一員として受け入れられていること、孤立化させないこと、など、英国のイスラム教徒のコミュニティーに属する若い人が過激派にならないように、という意味を示唆した。

 ここを聞いて、私は少し、一安心した。つまり、衝撃度は随分違うかもしれないが、2001・9・11以降、ブッシュ大統領が「テロの戦争」を提唱し、「テロには武力で対抗する」という態度を示したのとは、大きく違うからだ。
 
 イラク戦争を起こしたから、ロンドンのテロが起きたと思うかどうか?を聞かれ、「ロシアでもベスランのテロが起きた。バリ島でもテロがあった。イラク戦争があったから、ロンドンテロが起きたとは思わない」として、しかし、2001・9・11のテロから始まった、続けた。(しかし、もちろん、「ルーツになる」ような問題は、これ以前からあったわけだが。)

 日本の何人かの人からも、イラク戦争と今回のテロの件のつながりを私自身聞かれたが、確かにこれを言う人も(政治家のギャロウエイ氏など)いることはいるが、イラク戦争は2003年3月だった。2005年7月のテロに直接結びつけるのは、いささか苦しい。開戦前夜までにかなり反対派がデモを起こしていたが、もし起きるとすれば、あの時か、「違法の戦争だった」という議論が盛んだった2004年であれば、また違ったかもしれないが・・・。イラクが泥沼状態に陥っていることは確かであろうし、イラク問題で今回のテロ、というつながりが「遠因」といえないこともないだろうが、「何故、今?」という観点からすると、ややつながりが弱いと思う。

 
by polimediauk | 2005-07-09 17:17 | 政治とメディア

ある可能性

 BBCの7日の夜の時事解説番組「ニューズ・ナイト」の外交・防衛問題記者のマーク・アーバン氏が、諜報機関のMI5の筋から聞いた話として、ロンドンでのテロの加害者(たち)は、英国生まれのイスラム系移民か、あるいは英国に長年住んでいる人である可能性がある、とした。つまり、英国籍を持っているか、永住許可を持っているような人だ。

 これで、「外国から来たテロリスト」という線は消える「可能性」が出てきた。まだ憶測の段階ではあるが。

 一方、アル・カイーダかあるいはアル・カイーダに若干でも関連しているグループ・人物がテロを起こした、という可能性はストロー外相も既に、G8サミットが開催されているスコットランドで、BBCの取材に答える中で、明かしている。これが事実・真実とは限らないが、少なくとも英政府のトップレベルはそう見ている、ということだ。

 これの根拠になったイスラム系のウエブサイトが、本当にアル・カイーダと関連しているのかどうか、「まだ分からない」とアーバン記者は続けた。

 一方、ブレア英首相はというと、「英国生まれの」あるいは「英国に長年住んでいる」「イスラム教徒」で、「ごく一握りのイスラム過激派」がテロリストであると、信じているようだ。7日中に3度テレビで声明を発表したが、この点に言及しているからだ。もちろん、これも真実・事実かどうかはまだ分からないが。

 英国には、「一握りの」「若い」「過激派イスラム教徒」たちが存在していることは確かで、一般的には、中流家庭で育ちある程度良い教育を受けた若者たちが、インターネットやモスクでの説教を通じて「目覚める」というパターンがある。

 これは英国だけに限らず、欧州全般の1つの典型的パターンだ。

 続けて「ジス・ウイーク」という時事物のBBCの番組を見ていると、元保守党の閣僚だったマイケル・ポーティロ氏が出ている。ポーティロ氏も他のコメンテーターも言っていたが、「ロンドン・イギリスは、IRAなどのテロに慣れている。今回のテロも、あるだろうということは予想されていて、いつあるか?が問題だった」と指摘。

 警察や鉄道関係者も、「いざという時に備えて」十分に訓練をしてきた、という。

 ポーティロ氏は、「今回のテロで英国人が生活様式を変えるとは思えない」と、割と「覚めた目で」事態を見ている、と分析した。

 同番組に出ていた、元クリントン米大統領のアドバイザー、ジェームズ・ルービン氏が、「今回のロンドンのテロで、G8の会議の雰囲気ががらりと変わるだろう。アメリカでの2001・9・11の時のように、各国のリーダーたちがまた熱く一丸となるだろう」と予測。「最近は、アル・カイーダに対するテロの戦争の機運が、若干薄まっていた。今回が、また盛り上がるためのいい機会になる」。

 ポーティロ氏や他の出席者はこれに同意しなかった。

 G8が開かれているスコットランドで、米国民向けに記者会見をしたブッシュ米大統領は「テロの戦争」の必要性を再度繰り返していたが、「テロの戦争」war on terrorとは、「テロリズムに対する闘い、テロの撲滅」とは若干違って、ブッシュ氏が9・11の後に言い出した概念・・・といったような意味合いもあるかと思う。(この場合、特定の国が敵となる場合が多いようだ。)

 自分の国でテロが起きるのを防ぎたいというのは誰しもが思うであろうが、フランスにしろ、英国にしろ、ロシアにしろ、ドイツにしろ、それぞれの国にはそれぞれの利害があって、選挙民にもそれぞれの思いがある。合法か違法かでもめにもめたイラク戦争、自爆テロが増えるばかりのようなイラクの現状の前では、2001・9・11の直後のように、G8のリーダーたちが、アメリカの下に(あるいは英国の下に)「熱く」結束する・・という予想は、私自身、英国にいると、どうも夢物語に思えてならなかった。

 「ジス・ウイーク」の1つ前が「クエスチョン・タイム」という番組で、南アフリカ共和国のヨハネスブルグからの放映。これは、会場に視聴者とパネリストを呼び、視聴者が政治家などのパネリストに思い思いの質問をする、というもの。

 G8が議題に上ったが、かつてアフリカ諸国を植民地化していた英国に対する厳しい批判が、視聴者から相次いだ。「アフリカ支援というけど、今アフリカが貧しいのは、英国が、植民地時代にたくさん盗んでいったからだよ」と言ったのは若い女性だった。

 また、ムガベ大統領のジンバブエで人権蹂躪がおこなわれている、とするにも関わらず、何故、英国は難民申請者をジンバブエに送り返そうとしているのか、「言行不一致」と指摘された。

 なかなか迫力があり、中国で反日感情が高かったときに、二つの国の国民同士が直接意見を交換できるような生番組があれば、随分ガス抜き(古い言葉だが・・・)ができたのではないか?と想像した。

 

 
by polimediauk | 2005-07-08 09:23 | 政治とメディア

ウエブサイトでの宣言

 7日のロンドンでのテロがアルカイーダによるもの、とする根拠だが、BBCによると、あるイスラム系ウエブサイトでの宣言だ。

 BBCオンラインのウエブサイトにReporter’s Log というコーナーがあり、中東専門のBBCジャーナリスト、フランク・ガードナー氏の項目に以下の部分がある。(英時間午後2時45分)ガードナー氏は同様の内容をBBCのテレビのニュースでも紹介しているが、テレビではこの宣言がイスラム系グループのウエブサイトに出ている、としている。以下のログでは「ウエブサイトで」という表現はないが。http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/4659511.stm 最後に、このグループが本当にアルカイーダと一体化しているのかどうか、情報の信憑性が100%あるわけではない、ともしている。

 「今のところ、テロの責任が誰にあるのかを示す唯一の情報は、あるグループの宣言だ。このグループはThe Secret Organisation Group of Al-Qaida of Jihad Organisation in Europe. (欧州の聖戦のアルカイーダの秘密組織グループ?)としている。この名称は誰もこれまでに聞いたことがない。
 このグループが200語で以下のことを語っている。英国がアフガニスタンとイラクで行っている虐殺に対し、英政府に復讐をするときがきたことを喜ぶように、と人々に呼びかけている。ロンドンの襲撃を祝福し、英国は恐怖とパニックに陥っている、として、イラクやアフガニスタンから兵を引き上げない限り、デンマーク、イタリア、他の全ての十字軍の政府にも、何らかの罰が与えられる、と予言している。
しかし、まだこのメッセージが本当にアルカイーダに関連したグループからの声明なのかどうかは分からない」。


(追記)

このサイトの文章が(英訳されたものが)BBCのウエブに載っている。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/4660391.stm


 
by polimediauk | 2005-07-08 00:28 | 政治とメディア

ロンドンでテロ

アルカイダか?

 とうとう、ロンドンの数箇所で今朝テロが起きた。

 警察関係者らは、「いつかあると思っていた」ということで、それほど驚いた様子はないが、やはり人々にとっての衝撃は大きい。スコットランドでG8サミットに出ていたブレア首相も2回声明を出し、昼過ぎにはロンドンへと向かった。G8の議論はそれでも続くという。

 少なくとも午後1時ごろの時点で、アルカイダらしいということに意見が集約されつつある。IRAの場合は、事前に何らかの宣言があるのが普通ということだ。首相の2回目の会見でも「過激派」「狂信主義者」という言葉が出ており、アルカイダを暗示していると見られている。

 昨日、2012年の夏季オリンピックの開催地がロンドンに決まったが、この発表を聞くためシンガポールにいた、ロンドン市長ケン・リビングストン氏がインタビューされた。「攻撃をかけた人たちに一言だけ、いいたい。あなたがたが攻撃したのは、世界のリーダーたち、政治家たちではない。普通のロンドンに住む、市民たちだ」と言って、様々な人種の名称を挙げた。話しているうちになみだ目になった。

 いつかはある、といわれたロンドンへのテロ攻撃。マドリードへのテロを思い起こさせる。

 「外国人の」テロリストでなく、その国で生まれ育った人たちがテロリストになってしまった・・・という事態が判明するのだろうか?

 BBCの午後1時からのニュースに出ていたテロ分析家の人の話では、こうした攻撃の後で犯人グループは何らかの形で必ずお互い同士でコミュニケーションをとるはずだから、警察がそれをキャッチできれば、「逮捕は思ったより早いかもしれない」とも言っていたが。

〔追記:メールボックスを開けてみると、ロンドン市長からのロンドン市民へのメッセージが届いていた。以前に市長の会見に出ていたからだろう。こういうところが、すばやいな、と思う。日本で、「外国人」のジャーナリストにも、こういう時にすぐ情報が流れるだろうか?)

 
by polimediauk | 2005-07-07 21:50 | 政治とメディア