小林恭子の英国メディア・ウオッチ ukmedia.exblog.jp

英国や欧州のメディア事情、政治・経済・社会の記事を書いています。新刊「英国公文書の世界史 一次資料の宝石箱」(中公新書ラクレ)には面白エピソードが一杯です。本のフェイスブック・ページは:https://www.facebook.com/eikokukobunsho/ 


by polimediauk
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 9・11テロから5年にもうすぐなろうとしている。

 こちらのテレビでは記念になるようなドキュメンタリー、ドラマが放映されている。きっと米国でもいろいろあるだろう。

 BBCウエブを見ていたら、オサマ・ビンラディンが、9・11テロの実行者と会っていたテープをアルジャジーラが放映した、という。今回も、かなり注目されることだろう。

 「テロの戦争・テロとの闘い」という一種のドラマを見ている思いさえする。実際よりもお互いにお互いを大きく見てはいないだろうか?

  ・・と思っていたら、英王立国際問題研究所がアルカイダの現況の分析レポートを発表し、「テロの戦争」がアルカイダのイメージアップに貢献した、という箇所があって、うなづく部分があった。

www.chathamhouse.org.uk/pdf/research/mep/AlQaeda0806.pdf


 レポートを書いたのは現在ボストンに住み、このシンクタンクの中東部門のアソシエト・フェローのマーハ・アッザム氏。

 サマリーから若干抜粋してみたい。

―国際的な組織としてのアルカイダのイメージは、米国やその同盟諸国によって良くなった。これは米国などが意図した動きでなかったのだが、結果的にそうなった。
ーしかし、米国を主導的立場を取って、地球的規模で警備チェック体制が厳格になったので、これが、アルカイダの通信能力、財政、リクルートメントのネットワークを、かなり弱体化させた。
―アルカイダの最も重要なプロパガンダの成功例の1つは、テロと地域紛争(例えばイスラエルーパレスチナ問題、イラクなど)との間にリンクがある、という考えを広げたことだ。
―中東地域での政治状況の現状維持は続いており、マドリードやロンドンでテロは起きたけれども、イスラム教徒の間では、アルカイダのサポートは減少した。
 
 アザム氏談「9・11テロから5年経ち、アルカイダの現況には相反するような要素が見える。力のあるテロ組織というイメージは広がったが、リーダー達は洞穴に隠れて生活しており、アラブ世界のイスラム教徒たちはテロ攻撃と暴力の行使をイスラム教の名前を使って行うことに反対する人が増えている」。


 全部訳すと時間がかかってしまうのだが、印象に残ったのが(繰り返しになるが)

―ヨルダンなどでのテロの後、中東のイスラム教徒の世界では、アルカイダに対して、支持が少なくなっている傾向があること
―イスラム教の名を使ってテロ・暴力を起こすことに対し、多くのイスラム教徒や、教義を考える学者レベルの人々も、論理性が一貫していないと思われていること
―その一方で、欧州に住む若いイスラム教徒の一部の間で、支持があること
―何故欧州に住むイスラム教徒の男性たちがアルカイダに惹かれるのかは、米国の中東政策、親米国の中東諸国の政治体制に対する不満など、こうした「テロをする根拠」の部分にシンパシーを感じるため。世界中で西側によってイスラム教徒が殺害されている、と感じる。
―米国を主導とするテロの戦争などが、実際よりもアルカイダを大きなもの、すごいもの、というイメージを作っていること
 ―西側社会は、自国内で生まれるテロリストをどうするか、という課題に直面している
―9・11テロ時点では予想できなかったが、結果的に、欧州に住むイスラム教徒の移民の立場が厳しいものになっている。
 特に、英国のシンクタンクのせいか、欧州に住む人にとって、切実なメッセージが入っている。
by polimediauk | 2006-09-08 04:34 | 英国事情
c0016826_7583362.jpg

 明日(7日)、ブレア首相が、退任時期について発表するようだ。以前、辞める時期に関して、大体のことは言っていたのだが(これ自体、前代未聞)、正確に何時とは言っていなかった。

 労働党議員らが、「一刻も早く正確な退任時期を明確にして欲しい」という趣旨の公開書簡を出し、これがきっかけで、大きな政治的プレッシャーとなり、とうとう言わざるを得なくなった。

 それにしても、何故今言わないといけないのか、労働党内の出来事でばたばたするよりも、政策をきちっと実行して欲しい、という声は多い。私自身もそう思う。既に首相に対する信頼感は国民レベルで低くなっていると思うが、それにしても、それほど長くはいないことを自分であきらかにしていたのだから・・・。

 次の首相は現在財務大臣のブラウン氏というのがこれまでの見方だった。政権を取る前に、「自分の次は彼」という取り決めが、ブレア氏とブラウン氏の間でできていた、と言われている。

 1997年に労働党が政権を取ってから、9年以上になる。そんな前の話を、それも2人で決めたといっても、それではまるで、労働党が2人の私物のようにも聞こえてしまう。

 それに、一体、ブラウン氏が政治家として、一体どんなビジョンを持っているのか、全く見えてこない。

 ポスト・ブレアの時代が、明日から本格的に始まるように思う。

 これが現在のトップニュースだと思っていたら、ブッシュ大統領が、CIAの秘密の収容所の存在を認めた、という記事がBBCに出ていて、驚いてしまった。拷問は行われていなかった、とはしているが。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/americas/5321606.stm

 今夕、「法の無い世界・ローレスワールド」という本を書いた、フィリップ・サンズという国際法の弁護士の話を聞いていたが、主題は、9・11テロの後、国際法という観点から、世界はどう変わったか、という話。

 彼は、この5年間で、ブッシュ政権が国際法・ルールをことごとく破り続けたことに対して非常に暗い気持ちを抱いてきたが、最近は、やや楽観的になっている、と述べていた。
 
 ネオコン勢力がやや弱まったような、国際法を遵守しようとするような、「ちょっとした兆候」が見られる、というのだ。

 今日のブッシュ氏のCIAの秘密の収容所を認めたという話も、まさに、「ちょっと変わりつつあるブッシュ政権・論調」なのか?と思ったりする。
by polimediauk | 2006-09-07 07:50 | 政治とメディア
c0016826_21483183.jpg ヨルダンでも最近テロがあったが、ロンドン・テロでは「英国で生まれ育った人が、なぜ?」という思いが、多くの英国民の間であったと思う。

 これを解明するために、いろいろな番組が作られたが、「自爆テロをする人の中で、特別なタイプはない」、ということで、最終的には「急速にイスラム教過激主義に心酔していった」、「移民2世として、親の母国にも、現在住む国にもアイデンティティーを感じない」、「イラク戦争を含めて、世界中でイスラム教徒が殺されていることに義憤を感じて」、行動を起こした・・・ということになるのだろうが、どうもぴんと来ない部分があった。

 つまり、テレビ番組を作っている側の方が、「どうも良く分かっていない」し、見ているほうも、「何となく分からない」という印象があった。

 また、一方では、「本当のところは、本人しか分からない」というのが、誠実で正直な答えなのかもしれない。

 昨年夏、「新しいアルカイダ」という3部構成の番組がBBCで放映され、これを作ったのが、北アイルランドのテロの推移を30年ほど書いてきた、ピーター・テイラーという人だった(右上写真)。アルカイダというのは、巷(の一部?)で言われてほどには組織化された存在ではないこと、自爆テロが若者の間でカルトとして広まっていること、アルカイダそのものが指令を出す必要もないことなどを紹介した。

 この番組は、9月頃だったか、日本の放送局(NHKかもしれない)で放映された。日本語の字幕付きとあって、もっと分かりやすく、前に見落としていたような部分まで見ることができた。

 このテイラー氏が、今年、また新たなテロシリーズの番組を作った。

 9月3日、BBC2で放映されたのだが(2回目は13日放映)、残念ながら、番組そのものをウエブで見ることはできないようだ。関連アドレスを付けておきたい。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/programmes/5294658.stm
http://news.bbc.co.uk/1/hi/programmes/5301512.stm

 今回のタイトルは「アルカイダ;会話を始める時が来た?」だった。

 これまで、英米両政府は、テロリストとは交渉しない、という態度を特にアルカイダに関してとってきたわけだが、そういわずに、相手の言うことに耳を傾けることも1つのオプションとして考えてもいいのではないか?という点が主眼だ。

 しかし、第1回目の番組の中に出てくるヨルダンのフセイン国王の元テロのアドバイザーだったアル・シュクリ氏が言うように、「相手と対話の機会を作ることは、相手の行動を承認したことにはならない」。

 テイラー氏は、番組の中で、中東、欧州のほかの国を訪ね、何故欧州に住む若いイスラム教徒の青年が、テロリストになっていくのかを解明しようとする。

 何故「普通の」青年たちが過激主義思想に染まり、テロを行うようになるのか?あるフランスの青年は、若いイマームに過大な影響を受けて、過激思想に心酔して行き、ガールフレンドとは手をつなぐことも、話すこともできなくなってゆく。最後には、イラクに行き、自爆テロを行おうとする。

 この若いイマームは他の多くの青年たちも過激主義に引き込んだということで、現在牢獄の中にいる。

 テイラー氏は、イラクが自爆テロを行う若者たちをひきつける場所になっている、と指摘する。

 ヨルダンのシュクリ氏は、テロリストに話しかけること自体は悪いことではない、という。「例えば、米国は、今後25年間もテロの戦いを続けるというのだろうか?」

 番組の中で、米政府側は、アルカイダとの対話を全面否定している。

 CIAのオサマ・ビン・ラーディン班を統括していたマイク・シューバー氏によると、米国の外交政策が、世界中でジハードを広げる役目を果たし、ビンラーディンにとっては欠かせない同盟相手となったという。

 テイラー氏は、米国が主導したイラク戦争が、ビンラーディンが夢に見ても実現できなかった規模のジハードの機会を与えた、とウエブサイトで述べている。

 しかし、「アルカイダとの会話」をあまり意味のないもの、としているのが、元CIAのエージェントだったロバート・ベア氏である。

 4日付のTODAYというBBCの朝のラジオ番組で、テイラー氏がビンラーディンとの会話を1つのオプションとして話したのに対し、ベア氏は、「ビンラーディンと話しても、意味があまりない。次々と新しいリーダーは現れるから」と述べていた。

 5日夜、ベア氏が作った「自爆テロリストII」という番組を放映前に見て、話を聞く、という機会があった。(続く)

 (別件だが、「報道写真家から」の方のブログで、イランの核や堀江氏に関してのエントリーがある。イランの核に関して、変だなあと思った方はいらっしゃらないだろうか?何故イランだけが特別視されるのか?と。実はユーロ問題が背景にあった、と書いている。ご興味のある方はご一読を。)

http://blog.goo.ne.jp/leonlobo/e/b16990253e1111ad4036aad123e33bad
by polimediauk | 2006-09-06 21:46 | 放送業界

写真の修整-2

 前に、イスラエル・レバノン紛争で、写真の修整の話(8月27日)を書いたが、コメントを残してくださった方の発言・ウエブ情報、ガーディアンの記事から、一般的な「写真の修正はどこまで許されるのか」といったことだけではなく、さらに別の論点が2,3あることを知った。

 前のエントリーで2枚の写真(新聞紙面から撮ったもの。レバノン市内のイスラエルによる攻撃の模様を写したものだが、カメラマンが煙部分を修正していた。)を載せたが、この2つの写真だけ見ると、随分故意に煙がたくさん加えられたように見えたが、ガーディアンの8月14日付のSpot the differenceという記事の紙面を見ると(ガーディアンのサイトでは残念ながら見れないが・・・)、もう少しフレームを拡大した写真になっている。ここでは、それほど2枚の写真は大きく変わらないように見えた。・・・といっても、もちろん、当事者(レバノン側あるいはイスラエル側)にすれば、大きいのかもしれないが。http://www.guardian.co.uk/israel/Story/0,,1843823,00.html


 それはそれとして、そのいくつかの問題点を、ガーディアンの記事から拾ってみたい。
 
ガーディアンによると、煙を修正したことを発見したのは、米国のブロガーのチャールズ・ジョンソン氏。リトル・グリーン・フットボールというサイトをやっている。前に、ブッシュ米大統領の軍隊の経歴に関する米CBSの報道の間違いを見つけた人物。

 ロイターは、結果として、レバノン人のAdnan Hajjというフリーのカメラマンを使わないことにした。ロイターには10年ほど写真を提供していたという。

 ここで持ち上がった疑問は、彼のケースが氷山の一角なのかどうか、という点だ。大手通信社やメディアは、他には「修正された」写真が使っていないのかどうか?

 ガーディアンの元写真編集者のイーモン・マッケーブ氏によると、今はフォトショップを使って誰でも写真の修整が可能になった、という。「写真は真実を表すと思われていたが、今では、読者はそう思っていないと思う。全てに対して、健全な猜疑心を持って見ている。これ自体は悪いことではないが」。

 英米の「右派」ブロガーたちは(例えばEUレファレンダムというブログをやっているリチャード・ノース氏など)、大手メディアがヒズボラなどによるプロパガンダをそのまま鵜呑みにしている、と証明したいのだ。

 例えば、こうしたブロガーたちは、メディアのウエブサイトに掲載される時間に合わせて、イスラエルによる爆撃の犠牲者たちが移動させられ、カメラの前でポーズをとらされた、と主張している。

 あるAP通信の写真は、午前7時21分に撮られたとなっているが、救急車に乗せられた少女を撮っていた。同じAPの、しかし別のカメラマンが撮った写真は午前10時25分となっているが、同じ少女が救急車に運び込まれるところを伝えた。さらに、10時44分とされた写真は、救助隊員が同じ少女を運んでいるところを撮っており、救急車はどこにも見当たらなかった。

 AP,AFP,ロイターはカナでの写真は、故意に設定したものではない、としている。撮影時が異なっているが、これは撮影した時間でなく、ヤフーなどのニュースサイトがこうした写真を受け取った時間だ、という説明だった。

 APのキャサリン・キャロル氏は、「ジャーナリストたちがやらせに参加する時間はない」としている。

 ことの真偽はともかく、ブロガーのノース氏は、ブログを通じて、ある事実が正しいかどうかを検証している、という。既存メディアは、「神」であるかのように振る舞い、自分たちがいつも正しい、という姿勢を見せている、と指摘する。

 ブログが「メディアに取って代わるとは思っていない。メディアは必要だ」と氏は述べる。お互いに補完しあう、と見ている。「ブログの世界にもたくさんゴミみたいなものがある、メディアの世界でもそうあるように。ブログはメディアの代わりにはならない。私がブログを始めたのは、(大手メディアの)バイアスを指摘したかったからだ」。

 この記事を書いたパトリック・バークハム氏によると、彼が話しをした複数のジャーナリストたちは、カナのやらせに関する議論は、「レバノン人の犠牲を報道するジャーナリズムの信頼感を傷つけるための、イスラエル同情者たちによる広い範囲のキャンペーンだと感じていた」という。つまり、「ブログは、古いタイプのプロパガンダの一部となっている」。

 「命がけで写真を撮っているのに、子供の殺害のやらせの写真を撮ったといわれるんだから」と、ある戦争写真家がバークハム氏に語っている。

 ある英国人の写真編集者によると、ある程度の「やらせ」はある、という。よくあるのは、例えば、よい構図になるようにと、カメラマンが、瓦礫の側に子供のおもちゃなどを積み上げて写真を撮る、というものだ。


 多くの戦争写真家はもっと厳しい態度を持つ。「写真を撮った後でモノを動かすなんて、絶対にだめだ」と一人が言う。「フレームの端に誰かのレンズが映ってしまったのを取るぐらいは許せるかもしれないが」。

 メディアによって、ガイドラインは違う。バークハム氏が調べたところでは、写真、例えば空をある程度まで明るくしたり暗くしたりするのは、「許される」と多くのカメラマンが言ったそうである。原則は、暗室でできないことを、デジタル編集でもやってはいけない、と。

 それでも、7月、シャーロット・オブザーバーというアメリカの新聞で、空の色を編集したカメラマンが解雇された。太陽の光の強さで空の色が消えてしまい、何とか取り戻そうとしたようだ。

 この一連の事件の後で、大手メディアはブロガーの言うことを真剣に受け止めるようになったのか、それとも、自分に対する批判は未だになかなか受け止めようとしないのか?テレグラフ紙のシェーン・リッチモンド氏は、「今まで認めようとしていなかったとしたら、これからは変わるだろう。・・・今回、通信社は批判を真剣に受け止めたのだから」。

 以上、ガーディアンの記事の要約。
by polimediauk | 2006-09-03 06:21 | 新聞業界
 ニュースのウエブサイトで、ユーザーからのコメントをどう扱うか、なのだが、今BBCのウエブを開くと、例えば、テロとイラク戦争の関連に関して、ユーザーから意見を募っている。

 3日にBBC2でイラク戦争が若者を過激化し、テロに結びつかせているのかどうかを検証する番組が放映されることにちなんで、ということだ。

 9月11日が近づいているし、今日も英国内の数箇所では、テロ関連で数人が逮捕されている。「テロを考える」が、しばらくメディアのトピックとなりそうだ。

 予定されている番組に関する意見募集の頁Have Your Say 行ってみると、http://newsforums.bbc.co.uk/nol/thread.jspa?threadID=3581&&&edition=1&ttl=20060902180357
 
 すでにいろいろな意見が出ているが、最近、コメントを残す仕組みが刷新されたようだ。

 例えば、あるコメントに問題あり、と思った人は、「BBCのモデレーターに連絡」、というボタンを押せるようになっており、一方で、「このコメントを推奨する」というボタンもついている。

 この意見はどうやって出るのかというと、BBCは2つの方法で対応しているという。まず、ユーザーとして名前やメールアドレス、居住地を登録する。その上で、意見を書き込むと、すぐにウエブに反映される場合と、登録していない場合、その場で名前やメールアドレスなどを入力すれば、意見を残せる。

 いずれにしても、BBC側がある段階でコメント内容をチェックする。

 このチェックは、説明がややこしいが、トピックによって違うようだ。その区分けに関しての決まりがよく分からなかったのだが、まず、画面にコメントが出る前にチェックされる場合(登録メンバーでない場合は必ずこちらになる)のトピック、登録メンバーが画面にコメントを直接残せる場合(しかし出た後でチェックされる場合)のトピックとがあるようだ。http://news.bbc.co.uk/1/hi/help/4180404.stm

 登録する際には、コメント欄を見ると、本名でなくても良いようだ。ファーストネームだけを出している人が多いように見える。そういう意味では、匿名性が出る。しかし、メールアドレスをBBCに教えているので、コメントを残す側には一定の責任が生じる。

 さて、人を傷つけるようなコメント、過激なコメントにはどう対処するのか?

 かなり厳しい「ハウス・ルール」がある。http://news.bbc.co.uk/1/hi/help/4176520.stm これをまともに読むと、私などは怖くなってしまうが、ここまではっきり書かないと、ダメなのだろう。相手を中傷するようなコメントはダメで、法廷侮辱罪に当たるようなこと、つまり裁判の行方に影響を及ぼすようなコメント、犯罪を起こすようなコメント、宣伝、他人のふりをしてもいけない。場合によっては、BBCは裁判所に訴えることもある、という。

 BBCは、Have Your Say の意見表明方法そのものに対するコメント、意見、フィードバックも募集中だ。

 ウエブサイトへのコメントを残す方法に関しては、実名のみか、匿名もOKかも含め、何らかの制限が付けられると、自由な議論の妨げになる、という批判が出てくるが、ルールがあること自体は悪いことではないだろう。
by polimediauk | 2006-09-03 02:51 | 放送業界
オーマイニュースの日本版が始まり、私も時々見ているが、「ニュースのたね」というコーナーが、下のほうにあった。

これをクリックしてみると、編集部がまだ手を入れていないもので、市民記者が書いたものをそのままの形で入れてある、ということ。

この中に、英テロ未遂事件の記事があった。

http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000000400
結構目前ではなかった? 英国航空機テロ未遂事件
英当局はさらに情報を開示すべきだ

田中昭成さんという方が書いた記事で、この方のバックグラウンドが分からないが、きちっと書かれている。

常々、私がぼんやり思っていたことだったのだが、化学の知識のある方なのだろうか、その説明が明確で、言いたかったことを、代わって言ってくれたような思いがした。

最後が

「今後、裁判で明かされる証拠を吟味しない限り、この事件の真相が明かされたと思うべきではない。恐怖に翻弄されるのではなく、何が起きているのかを見抜く知恵が必要だ。」


・・・ということで、終わっている。本当にそうだと思う。

 この事件に興味のある方は、是非読んでみていただきたい。

  

 
by polimediauk | 2006-09-01 05:07 | 英国事情