小林恭子の英国メディア・ウオッチ ukmedia.exblog.jp

英国や欧州のメディア事情、政治・経済・社会の記事を書いています。新刊「英国公文書の世界史 一次資料の宝石箱」(中公新書ラクレ)には面白エピソードが一杯です。本のフェイスブック・ページは:https://www.facebook.com/eikokukobunsho/ 


by polimediauk
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


(一週間オランダに行って、総選挙の様子を見てきました。ソマリアからの移民でオランダの下院議員にまでなった、アヤーン・ヒルシ・アリ氏がきっかけで、内閣崩壊に至ったという事情があり、移民問題の衝撃はどうか、と思ったのですが、選挙では移民はそれほど大きなテーマにはなっていませんでした。もう議論し尽くした、という話があり、ヒルシ・アリ氏のような人やイスラム教徒に殺害されてしまったテオ・ファン・ゴッホのような人がいなくなった、というせいもあってか、鋭いイスラム教批判をする人が、前に比べてはいなくなった、少なくなった感じです。とはいえ、極右といわれるウイルダース議員の率いる政党が150議席のうち、9議席を取りました。ヒルシ・アリ氏はゴッホ氏の「服従」というイスラム教を批判した短編の脚本を書いた人。ゴッホ氏の殺害は、表現の自由という意味で、さらにイスラム教移民対ホスト社会という意味で非常に大きく象徴的な事件でしたが、とうとう内閣まで崩壊させるきっかけを作ったという意味で、もう1つの影響があった事件ともいえます。)

 先ほどBBCのウエブサイト見ていて、非常に驚いてしまった。

 BBCの会長(経営委員長と訳す場合のあるのだが。チェアマンであるが。)マイケル・グレード氏が、放送業者としてはライバルとなる、民間のITVに移ることになったというニューース。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/6189994.stm

 グレード氏は、BBCの改革の顔で、2003年から2004年にかけて、「デビッド・ケリー事件」というのがあって、イラク戦争開戦理由に関するBBC報道を巡って、報道の情報源となったケリー博士が自殺し、BBCはトップ2人が引責辞任した。

 心機一転で、民間のテレビ会社チャンネル4のトップだった、マーク・トンプソン氏が社長になり、かつてチャンネル4にいて、当時は退職していたグレード氏がチェアマンに。改革を旗印に物事を進めてきたはずだったが。

 特に、今、BBCはライセンス料値上げ交渉の最中。これを最後までに見ずに、出ることになる。来年の1月1日からITVに移る。

 グレード氏はITVにもいたことがある。最近、ITVは経営が厳しくなっており、広告主を集めるのが困難になっていたという。

 衛星放送のBSKYBがTVの株を最近約18%買い、将来がさらにあやうくなっていた、と業界関係者は見る。

 グレード氏だったら、ITVを立ち直らせることができる、ということが表向きの理由(BBCウエブサイト)だが、それにしても、今まで、いかにも「BBCが一番」という感じだったので、「BBC以外に重要な事を見つけた」、「それがITVだった」ということなのだろうか?「もっとお金が欲しいから」ということもあるだろうな。

 元チャンネル4のトップのトンプソン氏も、「BBCの社長職に立候補しないのか?」と聞かれ、「全然考えていない」と答えていたものだったが。(実は既に、あるいは数日後に応募していた。)

 それにしても、英国民は、自分たちが払ったライセンス料の使われ方にかなり厳しい。結局のところ、グレード氏は道半ばにして、BBCを去ったわけで、新たに作るという「BBCトラスト」という経営委員会の長になる予定でもあったので、ますます「仕事をほっぽりだして」、民間企業に行った、という風に受け取られる可能性は高いだろう。

 国民の期待、愛情が深いBBCだからこそ、「BBCを捨てて、民間の会社に」というのは、「うーん」と思うはずだ。逆のケースだったら、えらい!ということになるのかもしれないが。

 前のBBCの社長でグレッグ・ダイク氏という人がいるが、彼は、オーストラリア出身のメディア王ルパート・マードック氏が英テレビ界で力を広げることを何としても阻止しようとしたくだりを著書で書いていた。

 BSKYBのトップはマードック氏の息子だ。やはり、何としてもマードック勢の勢力拡大を少なくしたい、という非マードック側の思いもあるのだろうか、今回のグレード氏の移転は?

 とにかく、とても驚いた。英メディアの明日の論評を待つことにする。
by polimediauk | 2006-11-28 08:28 | 放送業界
 アルジャジーラ英語放送が始まって数日がたった。

 この放送局をCNNやBBCと比較した評が英国の新聞には載っていて、思ったのだが、自分自身、かつアルジャジーラのオリジナル、つまりアラビア語放送に興味を持った人は、本当はアラビア語版がどんなものか知りたいのであって、新たな英語放送の方に興味があるわけではないような気がする。

 例えば、BBCで日曜の朝、毎週要人にインタビューをしていたデビッド・フロストという人がいる。アルジャジーラ英語に移って、やや似た感じのインタビュー番組を持っている。

 今BBCのウエブサイトを開くと、その時の様子が出ており、一部クリップも見れる。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/6160466.stm

 しかし、こういうのはあまりアルジャジーラでは見たくないというか、英国人ジャーナリストが英国の首相にインタビューする、と。これではBBCみたいだ。せめて中東圏から来た人がブレア氏に独占インタビューするとか、できないのだろうか。

 アルジャジーラのアラビア語放送の中身・ジャーナリズムが知りたくて、英語放送を心まちにしてきたのに、「アルジャジーラ英語」という新しいTV局ができてしまい、英語を使い、かつ英語圏のジャーナリストが表に出るので(英語の流暢さからどうしてもそうなる、とのことである)、何となく、違ったかもしれないなあと思っている。
by polimediauk | 2006-11-18 20:13 | 放送業界

 アルジャジーラ英語版の放送が始まったが、英国(英メディア)ではどんな反応があったのか?

 ・・・といってもすべての反応を見たわけではないのだが、一つ頭をよぎるのは、英国の見方というのがどれぐらい重要なのか、という点だ。英国のメディア関係者の意見を判断するとき、BBCやCNNの24時間ニュース放送を見ている、英語圏の人がどう思ったか?という反応である、ということをまず了解しておきたい。つまり、公正というわけというでもなく、あくまでも英語圏の人の話、ということだ。(アラブ圏からみるとまた違う評価があるかも、と。)

 アルジャジーラ英語放送は、どういう内容になるのかの実際のフィルムなりクリップなりをずっと外に出しておらず、私が目にしたのは、今月初旬の国際テレビ会議の場だったが、それでも短い広告クリップのような感じだった。

 それを見て衝撃を受けたのは、アフリカあるいは中東の国に、ある西欧人のキャスターがいる画像だった。西欧人にアフリカのことは分からない、外国人に(例えば)日本のことは分からない、という意味ではないのだが、やはり、テレビでは画像が伝えるメッセージというものがあり、この画面を見たとき、西欧人の目から見たアフリカ(あるいは中東)、というイメージが伝わってくるように感じた。

 一抹の不安を覚えたが、実際に放送が開始され、昨日は例えばBBC24というニュースばかりを流している放送局では、90%ぐらいが国会開会の話で、ずっと見ていると本当に退屈だなあと思っていた。

 そこでアルジャジーラにチャンネルを合わせると、世界のさまざまな国からのレポートがあり、新鮮な感じ、おもしろい感じがした。自分の知らないことがたくさんあり、イランの核開発疑惑問題も、イラン側からの話を英国の報道と比較しながら伝えていて(元BBCのキャスター、ラゲー・オマル氏によるもの)、BBCやCNNがカバーできなかった分野をやる、という意味がおぼろげならが、分かったような気がした。英語のウエブサイトのスピードが遅かったり(一時クラッシュした、とも聞いた)などがあったが、まずまずだったように思う。

 ところが、英語ウエブを見ていると気づくのだが、世界中のニュースをやる、という触れ込みであったが、日本ではどうもテレビ放送としては見れないようだ。正確にいうと、日本の項目がなく、ウエブだけでは、日本ではテレビで見れるのかどうかが全く分からない。日本にいる人は英語ウエブサイトからネットで見るしかないのだろうか?

 この違和感。どうして日本がはずれて、それで「世界の」と言えるのだろう?英米圏、欧州、中東、アジア(といってもマレーシア)はあっても、日本はない?

 社長にかつてインタビューしたとき、日本とも交渉をしている、という件があったのだが。

 英国にいると、世界が米英および中東、アフリカ、中国などで回っている感じをうける。欧州のほかの国のニュースでさえ、あまり十分には入ってこない。とにかく英米、それにイラク、イラン・・・。(ただし、英国と言ってもロンドン近辺と言ったほうが正確かもしれない。例えば北アイルランドに行くと、イラクの話はあまり出ないように思った。)

 逆に、中東(カタール=アルジャジーラの本社)からすると、英語ということやニュースチャンネルと言うことだと、まず英語圏プラス他の国、ということで、アジアはマレーシアがせいぜいということなのだろうか。マレーシアが悪いわけでは全くないが、また日本はニュース性がないということなのかどうか。いずれにしても、経済的には日本はでかいが。

 ガーディアンにいくつか感想が載っている。

http://blogs.guardian.co.uk/organgrinder/2006/11/al_jazeera_english_reviewed.html
http://blogs.guardian.co.uk/organgrinder/2006/11/aljazeera_the_response_1.html

 最初の方にはなんとなく退屈だったという箇所があって、??と思ったが、日本の津波の話がほとんど触れられていなかった、と指摘。

 2つ目のほうにはさまざまなブログからの紹介で、アメリカのブロガーが、米国ではケーブルテレビのチャンネルでは見れないそうで(英国ではスカイで見れる)、これは大手ケーブルチャンネルが邪魔をしたのではないか、と。

 また、Sacchairinistと言う人が、「植民地主義」を感じる、と書いている。キャスターのほとんどが英米系メディアにいた人たちだからだ。(私もそれは感じる。)

そして、後者の中で、アフシン・ラタンシという人が、アルジャジーラ英語は開発途上国の話を他のどこでもやっていない形で報じた、としながらも、「主なニュース」の報道に関しては他と同じで、「日本には誰もいない」と指摘。放送開始が津波の脅威のあった日だったにも関わらず、「お金持ちで国際的な人々(=注:東京に住むビジネスマン、企業を指すのだろうか?)がすべての開発途上国の人命にインパクトを与えることができる、ということを全く理解していない。その一例が東京に特派員がいないようである点だ」としている。

 マレーシア支局が日本をカバーするはずだが、現時点で、東京で既にさまざまな番組の収録はスタートしているのだろうか?

 アルジャジーラ英語に対する期待はかなり高いといってよいようだ。

 http://english.aljazeera.net/NR/exeres/1EBB4C7F-7F2E-4257-A04C-56678862E31A.htm


 

 
by polimediauk | 2006-11-16 17:45 | 放送業界
 ご存知の方もいると思うが、アルジャジーラ英語版の放送が、英国時間で昼の12時から始まった。

 ネットでも見れる。(少なくとも英国で今見れている。)アルジャジーラの英語サイトから、TV NEWSという項目を選び、リアルプレーヤーなどのいずれかをクリック。

http://english.aljazeera.net/NR/exeres/1EBB4C7F-7F2E-4257-A04C-56678862E31A.htm

 
by polimediauk | 2006-11-15 23:30 | 放送業界

トルコとノーベル文学賞

c0016826_4545147.jpg


 トルコに初めて来て、いろいろなことに驚いた。

 英国にいると、というか、英語でトルコの報道を追っていると、ほとんどが否定的なものだ。

 こちらに来て(ほんの)1週間経ち、いろいろな人に生活の具合を聞いてみると、やはり、というか、幸せな人もいるし、欧州では悪名高いのが「表現の自由がない」ということだったが、「そんなことはない」「何でも好きなことを言ってもいいんだよ」などなど。

 今年のノーベル文学賞をとった、パムク氏に関しても、トルコでは文学賞が与えられたことに関して、「当局は複雑な思い(パムク氏がアルメニア人虐殺のことを言っているから・政府はこれを認めていない)だ」などとという報道を英語で読んでいたが、そういういろんな経緯をほとんどのトルコの人は知らないようで(パムク氏のことを知っている人も多くないのかもしれない)が、Aだと思っていたらBだったと現地の人に言われてしまう、という状況があった。

 かといって、Bが正しい、と言い切ることもできないのだが。Bの意見を言った人がどれだけトルコを代表しているかなどによっても変わってくるだろう。

 それはそれとしても、トルコに来て、自分自身の知識や感覚を試されるような部分があった。自分が数年住んできた西欧でもなければ、元々の日本とも違う、全く未知の文化で、言葉も慣習も分からない、と。トルコにはトルコのものさしがあるんだろうなあ、それは一体どんなものさしなんだろう、と。EUが考えるような「こうあるべき」という見方でトルコを判断したくないしなあ、と思った。

 イスタンブールに来て見ると、モスクがもちろん(90数パーセントがイスラム教徒)たくさんあり、朝5時過ぎぐらいには近くのモスクから流れる大きなお祈りの声で起こされてしまう。何世紀も前の建物があるかと思うと、客引きの青年がうるさく声をかけてくる。長年の歴史、豊富な文化がたくさんある都市のように見えた。そして、こういう都市が何故(反語の意味の「何故」だが)EUに入ろうとするのだろう、西欧化する必要など、ないのではないか?失われるものがあるのではないか?

 トルコは、1923年から共和制になったが、それまでのイスラム教の風習を思い切ってどんどん変えていく。服装を西洋式に変え、書き言葉にアルファベット文字を導入し、隠れ家的に存在していた祈りの場所を廃止してしまい、名前も西洋式にみよ字(サーネーム)をつけていく・・・。(詳しい経緯は関連書籍をご参考に!**)こういう経緯を、共和国の創始者のお墓(巨大)+博物館で知った。いわば日本の明治維新のようなものだったのだろうか。それにしても大胆である。

 この荒療治の経緯には、犠牲になった人もずいぶんいるのではないか。イスラム教徒でイスラム風の衣服スタイルを変えない人、秘密の隠れ家のようなところでお祈りを続けている人などがつかまって、場合によっては処刑されたという経緯も、博物館の展示で知った。(記憶をたよりの情報。)

 イスタンブールでなんとなくもの悲しく思っていたら、こういう、失われたものへのメランコリー感覚を書いたのが、ノーベル文学賞パムク氏の最新作「イスタブール」であったということを、トルコの首都アンカラ在住の日本人の翻訳者の方に聞いた。エッセー風なので読みやすい(英語版)。和訳は来年の3月に出るそうである。既に2作品の和訳が出ている。

 ノーベル文学賞の作品は自分には縁遠いと思っていたら、イスラム教世界と西欧の世界との関係などに関して思いをはせた作品を書いたりしていると聞き、大きな関心を持った。例えば、日本の作家谷崎潤一郎が、日本が西欧化する中で、しょせん日本人は西欧人になれないと思い、日本の古典文学に傾倒していく・・・といった件に、パムク氏は共鳴しているのだと言う。

 ノーベル文学賞が突然身近になった思いがした。

 (写真は共和国創始者のアタテュルクの墓+博物館の様子。アンカラにて。)

 
 **(ちなみに、トルコに関して、ウイキペディアはこう書いている。)

19世紀になると、衰退を示し始めたオスマン帝国の各地では、ナショナリズムが勃興して諸民族が次々と独立してゆき、帝国は第一次世界大戦の敗北により完全に解体された。しかしこのとき、戦勝国の占領を嫌ったトルコ人たちはアンカラに抵抗政権を樹立したムスタファ・ケマル(アタテュルク)のもとに結集して戦い、現在のトルコ共和国の領土を勝ち取った。

1923年、アンカラ政権は共和制を宣言。翌1924年にオスマン王家のカリフをイスタンブルから追放して、西洋化による近代化を目指すイスラム世界初の世俗主義国家トルコ共和国を建国した。第二次世界大戦後、ソ連に南接するトルコは、反共の防波堤として西側世界に迎えられ、NATO、OECDに加盟する。国父アタテュルク以来、トルコはイスラムの復活を望む人々などの国内の反体制的な勢力を強権的に政治から排除しつつ、西洋化を邁進してきたが、その目標であるEUへの加盟にはクルド問題やキプロス問題が大きな障害となっている。

by polimediauk | 2006-11-10 05:05 | 欧州のメディア