小林恭子の英国メディア・ウオッチ ukmedia.exblog.jp

英国や欧州のメディア事情、政治・経済・社会の記事を書いています。新刊「英国公文書の世界史 一次資料の宝石箱」(中公新書ラクレ)には面白エピソードが一杯です。本のフェイスブック・ページは:https://www.facebook.com/eikokukobunsho/ 


by polimediauk
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

c0016826_175622100.jpg
 
(Epicのウェブサイトより)

 前回に続き、英「Wired」誌がロンドンで開催したイベント「Wired 2013」(17日ー18日)から、印象深いプレゼンテーションを紹介したい。

―ノンフィクションの長い記事を出すEpic

 米「ワイヤード」に長年寄稿してきたジョシュア・デービスの話が興味深かった。

 ひょろりとした風貌の青年が壇上に立った。デービスは、いかに自分の人生が偶然と失敗に満ちているかを話し出した。

 データエンジニアとして働いていたときに、新聞で腕相撲の試合があるという記事を見た。腕相撲についてほとんど知識がないデービスだったが、暇だったので、出かけてみることにした。

 そこで数人が参加する試合を見たデービスは、ある部門の選手が来なかったために、観戦者であった自分がその部門の優勝者にされてしまった。

 後に、腕相撲の大きな大会があり、自分はいつのまにか代表者にされてしまったために出席せざるを得なくなった。試合では負けたのだけれども、一定のタイトルを与えられてしまった。その後、デービスは相撲、サウナ選手権、後ろ向きに歩くレースなどに挑戦した。

 挑戦しては負けてばかりの話の一部始終をワイヤードに書く機会ができて、いつしか、デービスはジャーナリズムの世界に入ってゆく。イラク戦争やエストニアとロシアとの間のサイバー戦争についても書き、ジャーナリスト、そして作家として着実に歩を進めた。

 ワイヤードで書き続けたデービスは、コントリビューティング・エディターという地位につくまでになった。最近の大きな体験は、ウイルス対策ソフトのマカフィーを作ったジョン・マカフィーと長い時間を過ごしたことだ。

 英国生まれのマカフィーは、2009年、世界的な金融危機で個人資産を大きく減少させた。昨年秋、滞在していた中央アメリカの国ベリーズで、地元警察に殺人容疑で指名手配された。

 デービスは、昨年、記事を書くためにベリーズのマカフィー宅に滞在していたことがあった。常識を逸したマカフィーが銃を手に持ち、デービスの隣の砂の上に向けて発砲したとき、デービスは「ここを出よう」と思ったという。

 ここからが、デービスの話の本番である。

 デービスはマカフィーと過ごした日々など、普通は体験できないような興味深い事柄をじっくりと時間をかけて取材した、長文の記事=「ロングフォーム(長尺の)ジャーナリズム」=を掲載し、場合によっては映画化もできるようなメディアを作れないか、と思ったのだ。「ジャーナリズムとハリウッド映画をつなぐ」というアイデアだ。

 このために立ち上げられたのが「Epic」(エピック)というプラットフォーム。

 エピックのジャーナリストは今のところ、デービスともう一人、雑誌のライター、ジョシュア・バーマン。バーマンが過去に「ワイヤード」に書いた記事は、イランの米大使館人質事件を扱った米映画「アルゴ」になった。「アルゴ」はベン・アフレック監督・主演で、アカデミー賞作品賞を受賞している。

 エピックは、ツイッターの創業者たちが作ったブログメディア「メディアム」の一部として存在している。

 デービスは「スペースを気にせずに、飛びぬけて変わったノンフィクションが書ける場所」を確保したかったという。


ー「Sugru」で遊ぶ

 「Sugru」=すぐる、と聞いたとき、日本語の「優(る)」という意味なのかなあと思ったものだ。

 実際には、アイルランド語で「遊ぶ」(sugradh)という意味なのだそうだ。
 
 Sugruについては、1年ぐらいまでに新聞で写真を見て、面白いなあと思っていた。粘土のように見えるのだが、シリコン・ゴム製だという。

c0016826_1757893.jpg
 
(Sugruのウェブサイトより)

 さまざまな色があり、銀色のパッケージから取り出すと、少し湿っている触感がある。自在に形を作って、さまざまな用途に利用できる。決まった使い方というのはないのだが、ものとものをくっつけたり、つないだり、穴をふさいだりできる。

 断熱材にもなり、固まった後では、ボールのように床に打ち付ければ跳ね返ってくるという。詳しくは使い方の動画を見ていただきたい。

 Sugruを開発したのはアイルランド生まれのJane Ni Dhulchaointigh(読み方が不明なので、ひとまず、ジェーン・ニ・ダルチャオインティ、としておく)。

 ニ・ダルチャオインティは、大学で製品デザインを勉強した後、将来何をするべきかと悩んだ。あるとき、シリコン製封止剤とおがくずを合成しておもしろい物質ができるなあと思ったそうだ。これが2003年だった。

 研究助成金を得て、リサーチャーらと研究し、「持っているものを簡単に修理したり、改善、あるいは自分の好きなように改変できる」物質を作ろうとした。

 最初はこれでお金がもうかるのかどうかが分からず、大きなビジネスを狙っていたが、友人に「小さく初めて、その後で改良していけばいい」とアドバイスを受けた。
 
 あるとき、英デイリー・テレグラフ紙に記事が載り、6時間で100パックがはけた。

 ウェブサイトを拡充させ、買った人がどうやってSugruを使っているかの例を載せたことで、コミュニティーができていった。

 最初は二人で始めたビジネスが30人に増えたという。「コミュニティーのおかげで、Sugruの輪が広がっている。Sugruを使って、モノを直せた、自分の思い通りにできたという達成感があるのだろうと思う」。


***

関連記事

英「Wired 2013」から -米キックスターターの価値観、インドのSMS,イスラエルの活動家
コンピューターは嘘を見抜けるか?―WIRED 2013
by polimediauk | 2013-10-23 17:49 | ネット業界
c0016826_23523440.jpg
 (インドのスタートアップ、innozのウェブサイト)

 今月17日と18日、ロンドンで「Wired(ワイヤード)2013」というイベントがあった。「Wired」といえば、米国が本家となるテクノロジー系の月刊誌。その英国版が開催したイベントだった。(ちなみに、日本では年に4回、紙版で発行。ネットではさまざまな記事が常時読める。)

 発想の奇抜さとテクノロジーを使って遊ぶ精神に満ちたイベントだった。テクノロジー業界の外の著名人も多数登壇した。

 例えば、中国生まれのピアニスト、ラン・ランがこれまでの経歴を語り、壇上でアイパッドを使いながら、ミニ演奏。アイスランドのミュージシャン、ビョークがマルチメディアの作品「バイオフィリア」の制作秘話を披露。米映画「トルーマン・ショー」(ジム・キャリー主演)で、主人公を助けるという重要な役割を演じたナターシャ・マケルホーンがテクノロジーの楽しさを語っていた。

 米国のソーシャルメディアに関心のある方なら見逃せない、バズフィードやキックスターターの創業者もやってきた。2005年、単独で世界一周最短記録(当時)を打ち立てたエレン・マッカーサーが世界のエネルギー循環を促進するために立ち上げた財団の活動を説明したときの迫力も忘れられない(敬称略)。

 いくつかのプレゼンテーションについて、読売新聞オンラインの「欧州メディア・ウオッチ」に書いたので、ご拝読いただければ幸いである。(27)コンピューターは嘘を見抜けるか?―WIRED 2013

 そのほかの印象深いプレゼンテーションを紹介してみたい。

ーキックスターターの創業者のお金についての考え

 クラウドファンディングのサイトとして著名な米キックスターター。創業者の一人ヤンシー・ストリクラーが壇上で英ワイヤード誌編集長デービッド・ローワンからの質問に答えた。

 現在、約70人のスタッフが勤務。ビジネスの目的は、群集(クラウド)からお金を集め、ほかの人のビジョンが形になることを助けること。お金儲け自体が目的ではないという。

 新たなビジネスを始めたい人、さらにビジネスを大きくしたい人が銀行に行くよりももっと簡単に資金を集められるようにした。創業から4年半で8億5000万ドルの資金を集めたという。来年念頭には「10億ドルに達するかもしれない」。

 どのプロジェクトを取り上げるかについて、何かルールがあるのかと聞かれ、ストリクラーは「どんな市場でも、助けてくれる人が必要だ」とした上で、ルールとして、「チャリティー団体を対象としない」という。

 「例えばある人がハイチを救うために募金を求めていて、私が詩を出版するために資金を募っていたとしよう。2つのプロジェクトが平行して並んでいたら、私がろくでもないやつに見えてしまう」。

 また、「広告という文化は不健全なものだと思う」とも発言した。「誇大宣伝につながる」からだ。

 キックスターターが目指すのは「共有、正直、他人を同列に扱うという原則がある空間を作ること」。

 1日に350件ほどの問い合わせがあるので、この中から決めるのはかなり困難だという。

 実際に希望の金額を集めることができるのは全体の約44%だという。それでも、「資金を募ってみて、誰もサポートしてくれなかったときでも、学べることがある」。自分で資金を集めようと思うかもしれないし、そのプロジェクトは捨てて、次に進もうと思えるかもしれないからだ。

 これからキックスターターを使おうとしている人へのアドバイスとして、「ありのままの自分でいるように」、「正直であれ」。

―普通の携帯電話をスマホ並みに使う

 インドの起業家ディーパック・ラビンドラン(Deepak Ravindran)は、スマートフォンではない普通の携帯電話でもスマホ並みのネット利用ができる仕組みを開発した。ラビンドランはInnoz社のCEOだ。

 スマホの利用が広がっているといっても、インドでは携帯電話のほとんどは非スマホの旧来型のものだ。そこでラビンドランが考えたのは、SMS(ショートメッセジサービス:携帯電話同士で短いテキストによるメッセージを送受信する)を使ってさまざまな情報を取得できる「SMSGYAN」というサービス。多くの人が使える、シンプルなプラットフォームを考えた。

 インドで人気があるスポーツの1つがクリケット。そこで、通信会社と協力し、クリケットのスコアをSMSで送れるサービスを開始した。

 さらにサービスを拡大し、何かあったら警察に通報できるツール、ツイッター、エバーノート、人探し、英語の学習など、さまざまなアプリを提供するようになった(アップストア)。

 2011年3月から開始されたSMSGYANの利用料は月に30ルピーで、これは約1ドルに相当するという。現在、1億2000万人が利用している。

 c0016826_018173.jpg例えばどんな感じの画面になるのか?その例を画像で見ていただきたい。左側に「インド・デリーの天気」という問いが発せられる。右側にデリーの気温などの文字情報が出る。

―イスラエルの人権擁護活動家がメディアを発足させた

 英ワイヤードのローワン編集長が数年前から雑誌に出てほしいと声をかけていたものの、「表に出たくない」として断ってきた人物が、今年初めてワイヤード誌に登場。今月の「ワイヤード2013」のステージに登壇した。

 イスラエル人のオレン・ヤコボヴィッチ(Oren Yakobovich)は、保守系の家庭に40数年前に生まれた。母国に誇りを持ち、10代で軍隊に入った。

 次第に昇進し、イスラエルの占領下にあるウェストバンク(ヨルダン川西岸地区)に配置された。そこで初めて、不当な暴力行為が発生している状況を目にした。

 軍役を果たすことを拒絶したヤコボヴィッチは刑務所に入れられた。ただし、すでに上官だったので、刑務所の待遇は「食事のまずさをのぞけば、まるでホテルに滞在しているようだった」。

 自分が目にした状況をイスラエル国民に知らせないと社会は変わらないと思い、動画を撮影するようになった。

 人権擁護団体B’Tselemに所属し、ウェストバンク近辺に住む100を超える家族にカメラの使い方を教えた。

 イスラエル人の入植者たちが、話しかけようとして近づいてきた男性を野球のバットで殴ったり、目隠しをされたデモ参加者が兵士に撃たれる様子を撮影した動画は、イスラエルの主要テレビ局で放送された。「イスラエル軍に対して説明責任を求める声が強くなり、ウェストバンクで暴力が減少した」。

 2008年、友人たちと真実を伝える団体「Videre」を結成。最初からメディアを作ろうとしていたわけではないが、世界中で何が起きているかを伝えるために、いつしか動画コンテンツの制作者になっていた。

 Videreでは、「ほかの人が隠したいことを見せる」、「市民にカメラを持たせる」が柱となる。スタッフだけでは人権侵害の様子を撮影することはできず、当事者である市民自身が撮影することが特徴だ。

 撮影していることがばれないよう、車の鍵やライターなど、小型カメラを別のものに隠しての撮影だった。
動画は容量が大きく、これを電子的に送信する機材を持っている人が少ない。また、例えば送信を政府側が把握すれば、市民が危険にさらされる。

 このため、Videreではスタッフ自らが市民を訪ね、動画をもらう形をとっているという。

 世界中に、隠密行動をとる約400人の活動家たちがいる。1500時間分の動画があり、350の物語として編集されたコンテンツは世界中の120以上のメディアで放送された。放送時、Videreの名前は出ないようにしているという。

 Videreが入手した動画の一部が、会場内で流された。もっとも私が衝撃的に感じたのは、ケニアでの「女性器切除(略称FGM)」(すべてを取り去るのではなく、一部を切除)の現状の動画だった。数人の女性のインタビューが出た。一人の女性は切除を拒否したため、父親に勘当された。もう一人の女性は経験済みで、FGMは停止されるべき、という。

 最後が中年の女性のインタビュー。この女性は村の女性にFGMを施す役割を長い間続けてきた。どんな風に行うのかと聞かれ、女性性器の一部を伸ばし、削除すると説明。その後、切られた性器の一部は「もちろん、捨てますよ」と大笑いしながら、カメラに向かって答えていた。

 アフリカ諸国の一部などで、FGMは大人の女性への通過儀礼として行われてきたが、欧米では女性虐待として非難の声が上がっている。

 地域によって習慣やものの見方は異なるが、この映像を見ていて、むごいと思わない女性は少ないのではないかと感じた。 (続く)
by polimediauk | 2013-10-22 23:50 | ネット業界